さるだらシラチャ便り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シミランクルーズに行ってきた♪⑥パンガー湾も行ってきた

カオラックとプーケット空港の中間に位置するパンガー湾
湾内には、小さな島がいくつもある複雑な地形となっており、いくつもの洞窟ができています。
その洞窟を、ボートやカヤックで通り抜けつつ、007の映画の撮影で使われたジェームスボンド島を眺めるのが、人気のツアーとなっています。

以前プーケットに滞在した時にも、行きたかったのですが、滞在が南の方だった為、泣く泣くあきらめた記憶がありマス。

カオラックから送迎付のツアーもあります、2000THB~2600THB/人。

ですが、今回、e-diveでお世話になったマッサージ師のスリンちゃんが、アテンドしてくれる事になり、現地の人がナビしてくれるならと、レンタカーを借りて、ドライブしながら、お得にパンガー観光してきました☆

↓ボートはロングテールボートで、1600THB/艇。だいたい1周、3時間くらいデス。↓
panga20090417.jpg
途中でカヤックで遊びたい人は、+400THB/人。

出発してすぐ、マングローブの森が広がります。
森の中には、野生の猿やらリスやらがいました。
panga200904172.jpg

その先には、洞窟が。。。。
panga200904173.jpg

さらにさらにどかどか行くと、切り立った地形がいくつもある開けた海にでます。
複雑な地形やな~^^;
panga200904174.jpg

海には、海上レストランやおみやげ物屋さんなんかもあったりしました。
潜った時にアコヤ貝をいっぱい見ましたが、このへんで真珠も多くとれるみたいです。
おみやげ物屋さんには、真珠のアクセサリーがいっぱい売ってました。
↓アンダマン海のお魚Tシャツ買いました☆↓
panga200904176.jpg


遅めのランチをいただいた後、カオラックへ一度戻り、プーケット空港へ。
あー楽しかったニャ~☆と思いつつ、シミラン旅行終了です☆
↓e-diveに生息している”あんこちゃん”&”きなこちゃん”
panga200904175.jpg




スポンサーサイト

シミランクルーズに行ってきた♪⑤アンダマン海のお魚達

きれいに撮れた?お魚達をUPします。

↓バラクーダの群れ。こんなにいっぱいのバラクーダは初めてですww↓
↓ちょっと暗くてごめんなさい!!↓
similan200904135.jpg

↓スカンクアネモネ。インド洋の固有種だそうです↓
similan200904125.jpg

↓ニモでおなじみ、カクレクマノミ。↓
similan20090413.jpg

↓メタリックシュリンプゴビー?ブラックシュリンプゴビー?↓
boonsungwreak200904164.jpg

↓ミノカサゴ↓
boonsungwreak200904166.jpg

↓アンダマンフォックスフェイス。アンダマン海の固有種です。↓
↓他地域のフォックスフェイスには、背びれのイガイガがないらしいです↓
similan200904136.jpg


↓スザクサラサエビ。小さいのがいっぱいwww食べるとしたら唐揚げだな♪↓
similan20090415.jpg

↓ツバメウオ。近くでみると意外と大きい。↓
similan200904134.jpg

。。。このクルーズ中、何百枚と水中写真を撮りましたが、ほとんどピンボケ。
へたなてっぽも数撃ちゃ当たる方式で撮ってます^^;もっとうまく撮れるようになりたいな~~。

シミランクルーズに行ってきた♪④沈船ダイブも行ってきたww

4泊5日の全日程を終了した後、カオラックに戻ってきた我々。
でも、お休みはまだ2日あります。

e-diveさんのお隣のゲストハウス(w/ホットシャワー&エアコン 500THB/room)に泊まって、翌日もデイトリップダイビングへと繰り出しました。

ディトリップダイブは、カオラックから近いボーンスン・レックへと出かけていって、午前1本&午後1本潜ります。ランチ付♪

 残念ながら透明度はこの通り↓(´´``)。。。(←でもパタヤよりマシ。10mくらいは見えました)
が、その分、魚影はピカ一多く、今までのポイントとは違った魚も見ることができます。
boonsungwreak20090416.jpg 
↑沈船と言うより、もう単なる鉄骨ですね。
以前は船の形をしていたらしいのですが、インド洋沖津波で粉々に砕かれてしまったらしいです。
 その時にひっくり返ってしまって、今は中に入り込む事はできなくなっています。

ふだんはピンで行動しているハタタテダイも、ここでは群れてます。
boonsungwreak200904163.jpg

サビウツボも鉄骨の間の至る所にいます。
boonsungwreak200904162.jpg

 つぶらな瞳のハリセンボン。
boonsungwreak200904165.jpg

このポイントもハマるwwww
クルーズとデイトリップでお世話になった、e-diveのインストラクターEMIサマ。
お世話になりました~~www
また遊びにいきますwww

↓EMIさまの素敵なブログ。カオラックへの思いが募ります↓
   http://blog.goo.ne.jp/edive_emi



シミランクルーズに行ってきた♪③アンダマン海クルーズ

さてさて船は夜中出発し、寝ている間に最初のダイビングポイント、ボン島へ到着。
→ダイビングポイント地図 http://www.bigbluediving.jp/khaolak/site.html

4日間の間に、ボン島→タチャイ島→リチリューロック→スリン島と、ミャンマー近くまで北上し、
スリン島→リチリューロック→タチャイ島→ボン島と戻ってきて、シミラン諸島まで南下。
各ポイントでダイビングを楽しみます。

まずは1本目、ボン島から。
ドボンと、入ると・・・・・

海のこの青さ!!!!!
similan20090412.jpg

この魚影!!!!!!
similan200904122.jpg

魚達のきれいな事ったら!!!!wwww
similan200904123.jpg

いやーん。大興奮です----(*゚∀゚*)-----!!!

そして、それは、早くも2本目タチャイ島にて、やってきました。

大物レオパードシャークに遭遇!!!
キタ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!!

similan200904124.jpg

伊豆やパタヤで潜った時も、鮫には遭遇した事あったけど、だいたいは岩陰に隠れてしまっていて、こんなに綺麗に全体像を見れたのは初めてですwwwしかもデカいwwww
超☆感動ーーーー(TmT)wwwwww

そしてお待ちかねリチリューロックでも、魚の群れ、むれ、ムレ!!
similan200904132.jpg

思わず、魚の群れをバックにパチリ。
similan200904133.jpg


残念ながら、全日程を通して、マンタ及びジンベェには遭えなかったのですが、シミランクルーズダイビング、大満足♪ですww
又行きたいぞ~~wwww

↓e-diveサマのクルーズレポート☆全日程のポイントをくわすく書かれてマス☆↓
 http://ecruise.blog20.fc2.com/blog-entry-88.html

シミランクルーズに行ってきた♪②出発だwww

参加したクルーズは、e-diveサマの4月11~15日、4泊5日のダイビングクルーズ。
11日夕方に船に乗り込み、12日&13日&14日は4本/day、15日は1本の計13本のダイビングを楽しむ事ができます。

↓↓e-diveサマ。お世話になりましたww↓
edive20090411.jpg

カオラックのショップ近くのMAPはe-diveさんのページのこちらを御参考ください。

昼過ぎにショップに到着し、ショップ近くのスーパーで、おやつ(&酒←^-^;)を買い込み、夕方、港へ。
ちなみに、ソフトドリンクは飲み放題、ビールは船内販売(1缶60THB)されるので、購入不要☆

↓↓港風景↓↓
kaolackport20090411.jpg
 この港も、2004年のインド洋津波にて被害に遭ったとの事ですが、現在は綺麗に復旧しています。
港周りには、コンビニや干物屋さんが並んでました。

港のすぐ隣に海軍基地があり、港の入り口付近にNAVY直販グッズのショップもあります。
kaolackport200904112.jpg douzo20090411.jpg
ショップ入り口にあるNAVY衣装の人形が”どうぞ”してます。・・・・・可愛くないですけど。
子供の髪型が古きタイ風。

↓これが、これから5日間お世話になるクルーズ船、Orange blue号。
ダイビング用に設計されたダイビングボートらしく、
後部甲板では、ダイビング用のタンク置き場やがあったり、ウェットスーツを干せたり、水中へのエントリーがしやすかったりと、いろいろとやりやすかったです。
orangeblue20090411.jpg
 インストラクターの他、船長以下、コックさんやエンジニア等の船員さんが6人程乗り込み、お世話をしてくださいます。
 しかも、専用マッサージ師も乗り込むので、ダイビングが終わった後にマッサージも受けれちゃいます♪

↓上甲板はビーチチェアが並べてありマス。↓
↓夜になると、星がきれいなので、よくねっころがりました☆↓
boat20090411.jpg

↓Briefing Room兼Massage Room↓
orangeblue200904112.jpg

居室は二人一組で、ちょっと狭いですが、他共有スペースは広くて快適でした。

荷解きも終わり、船内探検も一通り終えたら、お夕飯。コックさんがタイ人なので、ご飯はタイ料理メインでした。この日は、カオパット等をいただき、夜中プーケット着便で来る同乗のお客さんを待ちつつ、買ってきたウィスキーを一瓶空けました。(* ̄▽ ̄*)にゃは


↓夕方のカオラック・タプロム港。いい景色♪↓
kaolackport200904113.jpg

いよいよ出発ですwwww





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。