さるだらシラチャ便り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dubaiに行ってきた⑤街歩き♪

4日目です。今日は街歩き♪
ドバイの北東部にあるスーク(市場)と歴史地区を歩きます。

が!

朝起きたら、窓の外が真っ黄色!!!
冬に度々ある砂嵐らしいです。

光の具合でも、写真のピントがぼけてる訳でもありません。砂です!
砂が舞ってて、先がぼけて見えるんです。
view@Dubai090228.jpg

ちょっと街を歩くと、砂で顔がざらざら。口の中にも入って、じゃりじゃり。TmT
よっぽど、持っていたスカーフを強盗巻き←Sarumalu.jpgこんなの。
にしたかったけど、誤解が生じてはいかん!と思ってヤメときました。

街歩きには、不向きな日であったか。。。。でも今日しかないんだ。つきあわせちゃった友人よ、ごめりんこ。

まずは、スーク(市場)をめぐります。
最初にスパイス・スークでお目当てのスパイスを探します。
何店舗もあって、どこのお店も店の前から中からスパイスがぎっちり!!
しかも、量り売りで自分の必要量を買え、リーズナブルなお値段wwやっとお土産が買えそうwww
↓入り口のお店の人と。←日本語がお上手でした*^-^*
spicemarket090228.jpg
↑でも何気に肩を抱く厚かましいフレンドリーさwww完全男社会のアラブの人々は女の子(←^-^;)とのスキンシップに飢えているとみた。

買ったスパイスは、自然塩、赤胡椒(←炒め物に彩りきれい。)、せっかくなのでカレー粉と、お茶も購入しました。お茶はミックスティーだけど、シナモン効いてておいしかったです。
↓自然塩と赤胡椒↓                     
spice090228_2.jpg
↓お茶とカレー粉↓
spice090228_1.jpg

塩は、お店には並んでなかったけど、言ったら奥から出してくれました。

秤で重さを量ってもらって。。。
さるまる:「いくら?」
お店の兄ちゃん:「・・・・・・・。」 ←さっさと言わない。←おいおい!明らかに今考えてるだろう~~www(#゚Д゚) ゴルァ!!←ぼる気まんまんか?!

結果、300gくらいで、10Dh=\270でした。ちょっと高いか。いいけど。他の店でも聞いてみれば良かった。

店の外にも岩塩がならんでたんだけど、店の外に並んでいる岩塩は、風呂上りに体に擦り付ける用なんだって。
「すかっと爽快だよ!。」的なコメントを言って勧めてくるお店のお兄さん。
逆ベトベトしそう。。。塩だもんなぁ。始めは、冗談かと思ったが、どの店の人もそう勧めてくるので、どうやら本当に風呂上りに塗るものらしい。。。
 試す勇気がなく未購入!また今度!^-^; 

あんど、ヘナ・アートが自分でもできるように、ヘナ・ペーストとステンシルシールも購入♪
お家に帰ったらやってみよう♪
henaart090228.jpg

スパイス・スークと、ゴールド・スークはお隣通し。
ゴールド・スークも、買う気はあんまりないけど、せっかく来たからまぁちら見だけ。。。。で、行ってみたら、アーケード街のお店がもれなくきんきらきん!
石も大きいのが、ごろごろついてます。安いのか高いのかは、よくわかりませんが、他では類を見ないデザインなのは確かです。
↓↓アーケードのど真ん中に陣取るネコ。↓↓
↓↓宝石類は、なんとなくお店の人の目が怖くて撮れなかった^-^;↓↓
cat@goldsuke090228.jpg

お次は、アブラ(渡し舟)に乗って、対岸のオールド・スークへ。 
アブラ降りたら、すぐにありました。
衣類、雑貨、靴、etc。アラビアンな小物が所狭しと並べてありました。Tシャツや、マグネットなんかも売ってあって、お土産物屋さん街になってました。

オールド・スークから、クリーク(運河)沿いに5分程歩くと、シェイク・ザイード・ハウスがあります。
シェイク・ザイード・ハウスは、19世紀に建てられた建物を改装した博物館。シェイク・ザイードとは、首長さんのお名前らしいです。
歴代の首長様の写真や、ドバイの古い町並み等が写真展示してあり、切手やコイン、古地図なんかも保管展示してあります。
↓外から↓
sheikh saeed house090228

↓中庭↓
sheikh saeed house090228_2
シェイク・ザイード・ハウス
入館料:2Dh OPEN:土~火08:00~20:30 金15:00~21:30
TEL:393-7139

↓クリーク沿いの風景↓
creek view090228
↑シェイク・ザイード・ハウスを過ぎて、クリーク沿いを北上すると、ヘリテージ・ビレッジ&ダイビング・ビレッジがあります。
 ヘリテージ・ビレッジ&ダイビング・ビレッジは、昔ながらのドバイの建物や生活を再現してあって、伝統的おかしの販売なんかもしてあるらしいです。
行ってみたかったけど、博物館にも行きたかったので、先に閉まると思われるドバイ博物館へ移動。
 ヘリテージ・ビレッジ&ダイビング・ビレッジは夜22:00頃までOPENしているので、夕飯終わった後に余力があれば、また来る事にしました。

 ドバイ博物館へは、今来た道を戻る方向。てぽてぽ歩いていると、アブラ乗りの兄ちゃんが「乗ってかない!。」と声をかけてきます。「ツアーで回って150Dh、アブラ乗り場からの片道は1Dhだよ!。」

 あれ?!ちょっと待って!さっき乗ったときは、片道10Dh払ったぞ!
 うわーー10倍ぼられた!ヽ(;´Д`)ノ

 その親切なアブラ乗りの兄ちゃん曰く、「たぶん正規乗り場じゃない所から乗ったんだね。」との事。
そういえば、降りたときは隣にアブラがたくさんあったのに、乗った時は2~3台しかなかった。
正規乗り場に歩いて行く途中に、止まっているアブラ乗りが声をかけてきたから、「ここからも乗れるのか・・」と思ってたら、白タクならぬ白アブラだったのか!!
 正規乗り場のアブラは、きちんとした政府承認の機関の為不正はできないが、途中で客を拾った場合はふっかける・・・と言う事らしい。
 片道10Dh=\270って、そんなものかな。。。と思ってたけど、片道1Dh=¥27じゃん!!
やられた・・・・○| ̄|_  よくよく「るるぶ」を読むと片道1Dhって書いてありました。
 ちゃんと読んどけば良かった。。。。これも旅の醍醐味か。。。。

気を取り直して、ドバイ博物館へGO。
Dubaimuseum090228.jpg
やっぱり昔の建物を改築して、博物館にしてます。

お隣は、↓グランドモスク。ちょうどお祈りの時間で読経が聞こえてました。
grandmosque090228.jpg

中は、昔の住居が再現してあったり、蝋人形で昔のドバイの生活を再現しています。
Dubaimuseum090228_2.jpg

外にはお船。
Dubaimuseum090228_3.jpg

博物館の中で間借して、ヘナ・サロンがあったので、描いてもらいました。
実は、ヘナ・アートをやってみたくって、この旅行中サロンをずっと探してたんですww

ペースト状のヘナ(←植物)で模様を描いた後、
hena090228.jpg

1時間程放置して乾かします。乾かした後、ヘナをぽろぽろと取り除くと
きれいに、手にヘナを描いた所がオレンジ色に染まります。
hena090228_2.jpg

「(絵柄は)2週間くらいはもつよ。」と言われましたが、お風呂に入ったりなんやらで、だいたい1週間くらいはもちました。

ドバイ博物館
入館料:3Dh OPEN:土~火08:30~20:30 金15:00~21:00
TEL:353-1862

などなど、色々回っていたら、すっかり夕方に。
さぁ、次はディナーだ~wwww

予約してた(友人にしてもらった^-^;)レストラン:バスタキアナイツがあるバスタキヤ歴史地区へ。
 バスタキヤ地区は、ドバイの古い町並みを残す歴史保存地区。中には、歴史的建物を利用したカフェやセレクトショップ、美術館などがあります。
 
 予約した時間には、まだちとあるので、バスタキヤ地区を散策。
周りの超高層ビル群から、一気にタイムスリップした気分♪
bastakiya.jpg
 
  ↓日が暮れてきて、ライトアップされたのが、また素敵!
bastakiya090228_2.jpg

bastakiya090228_3.jpg

 ↓XVAギャラリーカフェで、また~りお茶。ゆったりソファーが気持ち良いデス。
ウェイターお勧めのミント・レモネードが、すっきりと甘ずっぱくて、のどの渇きを癒します。
bastakiya090228.jpg

↓ディワンモスク
bastakiya090228_4.jpg

やべぇ、アラジン←ディズニー♪ を見たくなってきたwww
UAEでは、アラジンは宗教上放送禁止だそうな。ジャスミン姫、肌見せまくりだもんね^-^;

↓レストラン:バスタキア・ナイツ
bastakiyanight090228.jpg

「るるぶ」で見た時から、ここのホモス(ひよこ豆のペースト)が食べたくって、食べたくってwwww

↓見て!この可愛らしいプレートwwwどこのおとぎの国のお菓子だ?!
bastakiyanight090228_2_20090312221532.jpg

いえいえ、前菜のプレートです。
右手前:ホモス(ひよこ豆のペーストをオリーブオイルなどで味付け)
     薄いパンにつけて食べる。 うまうま♪
左中央:マハシ(味付けしたごはんをブドウの葉でくるんだもの) すまん!イマイチ!
奥  :タブーレ(ミントやパセリ、玉ねぎ等を細かくして、オイルで和えたサラダ)
      塩味とレモンのすっぱさが効いてて、おいしかったです。


メインも2皿頼みました。
↓ラム肉のシチュー                   
bastakiyanight090228_3.jpg
↓チキンのクリームソース和え
bastakiyanight090228_4.jpg

さっぱりした味付け。濃いわけではないのに、味はしっかり染みてる感じ。
早い話が、めちゃうま!です。
このレストランいいわぁwwタイに支店出さないかしらwww(* ̄▽ ̄*)

あぁ、これでアルコールがあったら完璧!!!(笑)

ちょっとまったり食べ過ぎちゃいました^-^;
ビレッジに寄れる時間に食べ終わらなかったや。
残念、ビレッジはまた次、ドバイに来た時のお楽しみにしときます。

あぁ、ラスト・ナイト終了ー。
明日はとうとう帰国日だ。

そうそう、本日ちょっと学習しました。
砂漠の国で、夜、写真を撮る時にフラッシュをたくと、
光が、空気中の砂に反射するんです。

↓こんなかんじ。これ全部、砂ってか塵かwwww
 sandview090228.jpg

 雪のよう・・・うーーん、あんまり綺麗じゃないですねー^-^;
その他の写真は夜景モードで撮りました。

スポンサーサイト

Dubaiに行ってきた④アラビア海で泳ぐぞ!!

 実は、3日目は街歩きをしようと思ってました。
でも、昨日のデザートサファリのドライバーさんが教えてくれました。
「明日は金曜日だから、礼拝で入れない場所や時間帯が多いよ。」

そうかー、そうだったのかー。さすがイスラムの国。
なので、予定を急遽変更!4日目に予定していたアラビア海散歩を本日する事にしました。
金曜日は午後から営業の所が多いんですね。注意です!

青い海ーーーー!!!
arabicsea090227.jpg
むちゃ遠浅の砂浜でした。足がいつまでもいつまでもつきますwww
私的には、魚や貝等、獲物が欲しいところでした。

ちなみに、このビーチは、ジュメイラ・ビーチ・ホテル隣にあるパブリックビーチ。入場無料。
奥に7ツ星ホテル、バージ・アル・アラブが臨めます。
arabicsea090227_2.jpg
ビーチには、公共の水シャワーがありましたが、更衣室や海の家系のお店はありませんでした。

お昼からは、隣のジュメイラ・ビーチ・ホテルに併設の、ワイルド・ワディへ。
波のあるプールや、激しいウォータースライダーがあるウォーターパークです。

入り口や中の売店で申し出ると、入場券となるリストバンド内に、電子マネーが登録でき、現金を持ち歩かずにパーク内で遊べます。当然、使わなかった分はキャッシュ・バックできるので便利です。
スプラッシュ・キャッシュとかなんとか、恥ずかしい名前だったような。。。^-^;
・・・とにかく便利でした。

        ↓↓メインアトラクションのウォータースライダーfromパンフレットより↓↓
        ↓↓水しぶきで前が見えません!!!お子様禁止です!↓↓
               wildwadi090227.jpg

 乗るまでにだいたい30分近く待ちました。いったんプールで泳いでからだから、並んでると寒い寒い。だんだん階段を上って行く毎に風も強くなってくるし。。。。ぶるぶる震えながら順番を待ちました。
 他のライドの方がおもしろかったです!!でもネタで一回は滑っときたいね!
        ↓↓他ライドもいっぱい fromパンフレットより↓↓
wildwadi090227_2.jpg
↑左端のコレが一番好き。大人数で乗れておもしろかったですwww

閉園までしっかり遊んだ後は、お夕飯を頂きに、隣の隣の首長国アジマンまで車で移動。
ドバイは、本当になんでもかんでもお高いけど、お隣のシャルジャや、その隣のアジマンはリーズナブルなお値段のお店が並びます。地元の人御用達って感じです。
 外国人労働者もお高いドバイ内には居を構えずに、車で30~40分の隣町に住むらしいです。
物価が目に見えて違います!!!但し、車が必須よねぇ~。

 ホテル内(←名前を何回聞いても忘れちゃう。。なんとかスキーってロシア系??)のインディアン料理を頂きました。ホテル内なので、アルコール付~~wwwやっぱ飲まなきゃ旅行な気がしない?!
 dinner090227.jpg

アラブの人は宗教上アルコールが飲めないので、お食事の後はシーシャをするためにカフェに行くんだそうな。
んで、お食事の後のカフェ+シーシャ。「男女席を同じうせず」のアラブのカフェ。女ばかりの集団だったので、お店の人が離れた所に、わざわざ席を作ってくれました。

Teaを注文したら、
↓↓ミントティーが来ました。↓↓
↓↓しかもお砂糖びたびた。下層部の白い層はお砂糖ですww↓↓
tea090227.jpg
 水タバコでのどがやられるので、甘くしてるとか。のど飴の法則ですね。

↓↓水タバコは、グレープ味にしました。他フルーツフレーバーがたくさん。↓↓
arabiccafe090227.jpg
↑一昔前のヤンキーみたい。。。^-^;>↑

水タバコのてっぺんに火種を置いてくれるのですが、無くなってくると継ぎ足しに来てくれるのでエンドレスwww
調子にのって吸ってたら、翌日のどが痛かった。( ̄▽ ̄;)
 タバコのフィルターが水なので、タールもニコチンも水に溶けてしまうので、普通のタバコより害はないらしいです。ホントかなぁ。。。

 カフェに行ったんだが、カフェった気がしなかったので(←あはは。^-^;)、帰り際に普通のコーヒーも飲みに行きました。

盛りだくさん3日目終了ー。

Dubaiに行ってきた③砂漠に行くぜ!!

2日目の朝はまたーりとスタート。
砂漠へ行くサファリツアーのPICK UPは、15:00なので、朝はモールへ行って、ブランチ~♪

行ったモールは、ドバイ最大級のモール、Mall of The Emirates(モール オブ ザ エミレーツ)。

有名ブランドがいっぱい入った豪華モールです。
お目当てブランドも見に行きましたが、、、高い。。。。○| ̄|_

デザインは日本&タイでは見ないデザインもありました。購買意欲が高まりつつも、Made in Thailandの文字が笑いを誘う(笑)
タイで作ってるなら、タイで売ってよwww←きっと値段は1/10以下!!
タイなら、どっかで従業員が横流しとかして売ってそうなんだけどなーwww

お土産物屋さんも回って、レバノン発ブランドチョコレート Patchiチョコも買いました。
日本&タイには未上陸。甘さ控えめ上品なお味のチョコレートですwww
以前お土産にいただいて、ハマりました。激うまです。アラブのゴディバってか感じです。
patchi090226.jpg
・・・でも実は、空港の免税品店にも置いてあって、そっちの方が安かった。。。ガビーン! Σ( ̄□ ̄;)
いいもん、町のショップの方が種類多かったもん!!
↑写真のようなお土産用に包んであるのは、空港免税店でもありました。
なので、街中で買うならショーケースで好きなチョコを選んで包んでもらうのが良いかと。
んで、その場でうまうま食べる!!

 モールを一回りしてやっとブランチ。って、もう昼でしたけど。
朝から「お腹すいたー!!。」を連発していた友人、ごめりんこ。
ジャンクフードの王道・マクドナルドで。。。
↓↓マック・アラビア・コフタとマック・アラビア・チキンだーーー!!↓
mcarabia090226.jpg
日本で一時期発売されたピタサンドみたいな感じですね。
お肉と野菜がパンでくるまれてて、けっこう大きめでした。肉はソースじゃなくて、塩で味付けしてあって、塩味が効いてました。ちょっとしょっぱい感じ。
ジャンクフードのご当地メニューはお安くって、地方色あふれてて大好きデス。(o ̄▽ ̄o)

エミレーツモール内には、 砂漠の国にある雪山ワールドがあります。
器材もウェアもレンタルがあって、身一つで行っても遊べるらしいです。
↓地元の子供達で賑わってました。↓
snowworld090226.jpg
若干、大人も。。。。

ブランチ改めランチもいただいたので、砂漠に行くぜ!
今回の旅行の目的と言っても過言ではないほど、超楽しみにしてましたwwww
できれば砂漠に泊まりたかったけど、最小催行人数に至らなかった為に、15時に街を出て23時頃に戻ってくる日帰りツアーに参加。
 このデザートサファリツアーは、夕方発→オーバーナイトで砂漠で過ごして→朝ホテルへ送迎のお泊りツアーと、夕方発→キャンプでディナー&アクティビティ→夜23時ごろまでにホテルへ送迎の日帰りツアーの2パターンあります。
 お泊りツアーに申し込んで、ぎりぎりまで待ったけど、ダメでした。
お泊りもしたかった。。。皆お泊りまではしたくないのね。。。

待ち合わせ時間きっちりに来たドライバーさん(←えらい!!)にPICK UPいただいて、市外へ走る事1時間。
砂漠だ~~~♪
desert090226_1.jpg

風の通り道が見えますwww
desert090226_2.jpg

延々、砂ですwww
desert090226_3.jpg

砂漠の入り口に入ってから一旦止まり、タイヤの空気を抜きながら(←砂漠対応)、他のツアー客が集まるのを待ちます。続々と集まってくるツアー客。
その間遊ぶ。
↓↓手形つけてみたり。。。。↓↓      
desert0226_13.jpg
↓↓足を埋めてみたりwwww↓↓
desert090226_12.jpg

↓↓頼もしいTOYOTA LAND CRUISER ↓↓
toyota090226.jpg

ふと気がつくと。。。。

LAND CRUISERだらけ!!!(笑)
desert090226_5.jpg

砂漠へは、これらの車が一列になって進みます。
たぶん、運転のうまい人が道を見つけながら道を切り開きつつ、後ろの人がその道に続くのでしょう。
地元の若い人は、お休みの日に自分の車で来てライドを練習したり楽しんだりしているらしいです。

「シートベルトをきちんと締めて」の指示の後、走りだした我がランクルは、、、、
自然派ジェットコースターwwww!!!(泣笑)
横滑りあり、アップダウンありの、激しいライド。
ふと横をみれば、泣き出した子供や、げろげろに酔ってしまった人を介抱する為に足を止める車が多数。。。。。Σ( ̄□ ̄|||)

 幸い大人グループのみであった、我がグループ(私と友人二人の他に、4人組みのパキスタン人)は、のりのりでキャンプ場まで楽しめました。
 ドライバーさん、ふだんは空港職員で、ドライバーはバイトらしいですけど、いい腕でした。


キャンプ場に到着ですwww
desert090226_6.jpg

キャンプ場外では、キャメルライドや、鷹匠の演技が楽しめます。
camel090226.jpg Falcon.jpg
他、キャメルファームもありました。

綺麗な砂漠の夕日。。。。。
desert090226_8.jpg

キャンプ場の内部は結構広いです。
desert090226_9.jpg

まずは、アラビックコーヒーで歓迎。←客をもてなす伝統的な手法らしいです。
arabic cofee

周りをテントで囲んであって、それぞれのテントでは、アバヤ(←民族衣装)体験や、シーシャ(←水タバコ)体験ができます。
↓着せてくれます。足も見えないように、ひきづるのが正式らしいです↓
↓汚れてもええのんか?!↓
desert090226_10.jpg

アクティビティを楽しんだ後は、アラビック料理のディナービュッフェ。多すぎですww
desert090226_11.jpg

ディナーをいただいた後は、キャンプ中央に設けられたステージで、ベリーダンスショーが始まります。
セクシーなオネェサンも演舞を見た後は、客も混じっての大宴会。でも、酒は入ってない。。。

帰りも同じ砂漠でアップダウンして帰るのかと思いきや、すぐ近くに道路が通ってて、帰りはなんなく街中まで。

いやーーーー、楽しかったーーーーーwwwww

昨日のダウ船クルーズと、本日のデザートサファリツアーは同じツアー会社、
Knight Toursさんにお世話になりました。
 クルーズ船もサファリもそれぞれのツアー会社が仕立てているので、ツアー会社によって中身が違ってたりもします。ヘナアートがあったり、サンドボードがあったり。
 ナイトツアーさんのデザートサファリに含まれるアクティビティは以下の通りでした。
・ホテルへの送迎
・4WDライド
・キャメルライド
・キャメルファーム
・鷹匠演技←ファルコンだけど
・Welcomeアラビックコーヒー&デーツ&おかし←ドーナツっぽいの
・シーシャ(水タバコ)体験
・アバヤ&カンドゥーラ(←民族衣装)体験
・ビュッフェディナー&ソフトドリンク
・5分間のスターサイト←帰る前に全部の電気を消して真っ暗に!!満点の星空でめちゃ素敵!!!

カメラマンが、キャメルライドやファルコンとの記念撮影を撮影してくれて、キャンプ内で販売もしていました。ラミネート加工もしてくれて、良い記念になりましたww

邦人に評判の良いオリエントツアーでは、現地でも日本語で申し込みできるらしいです。

Dubaiに行ってきた②さぁ!初日だ!!

まずは、スワンナプームから飛行機に乗り込みます。
↓搭乗前待合所。何気にヒゲ人口が多い。。。↓
airport090225.jpg
インド経由なので、インド系の人も多い。

↓搭乗機。エアバスA330でした。↓
airplane090225.jpg

 最近、タイ国内線しか利用してなかったので、すっかり忘れていましたが、タイ航空のこの機体。
座席にモニターが付いているタイプではないので、航空機内の8時間半が超ヒマ!
 映画が前の大きいモニターで映されてはいるものの、見辛い。
バンコク10:50発、ドバイ16:45着、時差3時間と言う、まっ昼間移動・時差もほとんどなし!の移動なので、眠くもない。。。。座席モニター着いてる機体ってそれだけで利用価値高いよね。機内って、映画見るくらいしか時間のつぶし方がない、、、、。
 そんな時の為に!と持って行ったDSは、バッテリーが無くなるまで使用されました。

↓↓機内食です♪とうもろこしのパン(ナン?)がおいしかった♪↓↓
eatin090225.jpg
 サラダをお残ししていたら、隣のおそらくインド系の青年が、「食べないの?食べたげるよ!。」と声をかけてきました。どうぞどうぞ♪と渡したものの、初対面で行きずりの機内の中で「食べたげる」ってシチュエーションはないよなー(;´∀`)
 新手のナンパか?!と身構えたけど、本当にサラダ食べてくれただけだった。。。。
 これが噂に聞く、インド系の厚かましいまでのフレンドリーさかぁ。今までインド路線乗った事なかったから知らなかったや~。
 と、思ってたら、帰りのお隣さんはさらにすごい人でしたΣ (゚Д゚;)→Dubaiに行ってきた⑦帰りの飛行機で。。。

↓↓チェンナイ港到着~~ww↓↓
chennai090225.jpg

 機内のお掃除も始まり、なんとなーく手持ち無沙汰な私。
出たいなーと思ってたけど、「待ち時間30分だからそのまま席でお待ちください」とのご指示でした。
(´´``)ショボーン

そうこうしているうちに、、、
着きました~♪ ドバイ 第一ターミナル~♪
Dubai terminal1
 ちなみにこのターミナルは、ドバイへ乗り入れるエミレーツ以外の国際線航空会社の為のターミナル。
 エミレーツの場合は、専用ターミナル(第3ターミナル)があります。

 ドバイで航空会社と言えば、”エミレーツ”とすっかりドバイ暮らしが染み付いた友人は、第3ターミナルで待っていてくれたようで、なかなか会えませんでした。。。ごめん、8000THBけちって、TGだったんだよ。。。<( ̄∇ ̄)ゞゴメリンコ~♪
出迎えてくれた友人とも無事に会えて、一旦荷物を置くためにタクシーで友人宅へ。

友人宅へ行くまでに、世界一高いビル(注:建設中)バージ・ドバイが見えました。
bajudubai.jpg

建物も屋根が平たくて、すっかりアラビアンな気分~♪
街中建設ラッシュ~~♪あっちもこっちも建設中~♪
 って、きょろきょろしました。(* ̄▽ ̄*)にゃは
タクシードライバーが、「ドバイ初めてだろww。」って。これだけきょろってたら、お見通しよね~~。


友人宅で落ち着いたら、予約してた(←つか、友人がしてくれてた^-^;)ダウ船ディナークルーズ に行くために、ツアー会社のピックアップを待つ。
19:00PICK UPと聞いていたけど、待てど暮らせどドライバーが来ない!
えーん、20:00クルーズ開始って言ってたのに~。ガックリ○| ̄|_
半分泣きが入り始めた19:50、やっとドライバーが来ました!!
出航に間に合わないんじゃん!!と友人と二人でぶーたれてたら、「出航は20:30頃くらいからだよ~。大丈夫ww」って悪びれもなくのたまうドライバー。
 あー、後ろ30分がドバイ時間なんですね。理解しました。( ̄▽ ̄;) 

↓クルーズ船。すっかり日も暮れました。ww↓
 dauCruise.jpg

入り口で、アラビックコーヒーをいただいたら、さっそく中へ!

↓中はビュッフェ形式で食べ放題♪↓
↓基本はアラビックでしたけど、ちょっぴりインディアン風?でした↓
Cruisedinner090225_1.jpg Cruisedinner090225_2.jpg
味付けが塩とオリーブオイルのみで仕上げた、レバノン風サラダがおいしかったです。
レストランと言えども、アルコールを提供しないイスラムの国ドバイ。このディナークルーズ船は別です。ワインやビールがいただけました。・:*:・( ̄∀ ̄ )。・:*:・ウマー。

ディナーをいただいた後は、デッキでまたーりできます。
デッキには、ベンチの他にクッションもおいてあって、かなりマターリできました。
↓沿岸の風景。ネオンが綺麗ですwww↓
viewfromCruise090225.jpg

十分またーーーりした後、出発地に戻ってきてダウ船クルーズ終了ー。
と、同時に無事一日目終了ー

Dubaiに行ってきた①ドバイ基本情報

何やらシラチャ便りとはかけ離れますが、またまた番外編デス。
タイ航空使って、ばびゅんとドバイまで行ってきました。
イスラム圏初上陸wwww

ドバイといえば、こーんなバブリーな建物群で有名ですが、昨今の同時不況の中、計画頓挫してしまったケースもあるようです。でも、世界一高いバージ・ドバイはしっかり建設中でしたし、世界地図を模した人工島のうち一島は、既に、かのベッカム様がご購入されたとの事です。
今だバブリーですねwwww( ´ ▽ ` )ノ
神田うのが新婚旅行に来た地らしく、最近は邦人のハネムーン先としても選ばれているようです。
旅行中も何組かお会いしましたww

ドバイ基本情報
ドバイといえば、アラブ首長国連邦の首都アブダビに次ぐ、第2の都市。石油埋蔵量がさほど多くないので、逸早く石油依存を脱却して、経済で身を立てようと発展した都市です。
アブダビで石油発見が1960年代、たかだか50年でこの成長!!
今のロイヤルファミリーによる手腕だとかで、国民は首長様を超尊敬。街中には首長様&王子様の肖像画が飾ってありました。
もともとヨーロッパとアジアを結ぶ中継的位置であった事もあって、今もハブ港として盛んです。

↓位置情報↓

大きな地図で見る

季節は、夏は猛烈に暑く、冬は意外と冷えるらしい。夏は4月~10月、冬は11月~3月。冬の間がベストシーズンらしいですが、日によっては砂嵐発生の恐れアリ。
っと言うか、ありました。砂嵐。朝目が覚めると窓の外が舞い上がった砂で真っ黄色でした。
風と砂で目が開けられず、サングラスを持って行けば良かったと後悔しました。
後、ドバイと言えば、お買い物!!1月中旬~2月中旬が冬のセール期間中らしいです。
お目当てのブランド物がかなりの割引で買えるらしい。さるまるが行った2月下旬でも、お店によっては割引値段で販売されてました。
でも、まぁ、割り引かれてても元値が高かったので、手は出ませんでしたが。。。。^-^;
6月中旬~8月中旬は夏のセール期間らしいデス。


タイからドバイへの交通
タイからドバイへは、多数のエアラインが乗り入れてます。
直行便はもちろん、機内サービスの評価が高いエミレーツ航空
ドバイを拠点としていて、航空券はすべて燃料油サーチャージ込み込み価格。
エコノミーで最安値30,000.-THBぐらい。
他航空会社と比べ、価格的にはちとお高い。。。 ですが、直行便である事や、ドバイでの発着が専用ターミナルで行われる等、惹かれる要素は多々あり。
燃料費が高かったら、利用してたと思います。今、下がってきたので利点があまり利点でなくなってきてしまいました。

タイ航空は、乗り換えなしの経由便。直行ではなく、インドのチェンナイ経由でドバイまで行きますが、乗り換えの必要がないので、他エアラインよりは、体が楽です。
チェンナイでは、下りる人を下ろして、乗る人を乗せて、その間ドバイに行く人は同じ機内で待つ事となります。その間30分。あまり長くはないし、下りて次の機に乗り換える必要がないのは、有難いかと。
エコノミーで最安値22,000.-THBくらいかな。

他経由便は、キャセイ航空、シンガポール航空や、スリランカ航空、アブダビ経由のエティハド航空、クェート航空、カタール航空、ガルフエア、バンダルスリベガワン経由(←どこか知らない。。。)ロイヤルブルネイ航空、最安値はバックパッカー御用達バングラディッシュ航空のダッカ経由15,000THB.

今回さるまるは、ANAのマイレージが貯まっていたので、そのマイレージを使って、ANAと提携しているタイ航空で行きました。(*´∀`*)
エミレーツも乗ってみたかったけど、+8000THBに涙を飲んでがまん!!

イスラム文化
 イスラム教を国教とするUAEですが、外国人観光客と外国人労働者が多いので、イスラム圏特有の厳しさは若干ゆるい感じです。
 でも、やはり場所によっては、肌の露出が疎まれたり、スカーフが必要であったりします。
外国人観光客だから、且つ、暑いからと言って、ランニングシャツでうろうろしていると、ジロジロ見られて嫌な思いをしたりもします。
さるまるは、ドバイ在住の友人のアドバイスで、常に上にはおるもの=ショールを持ち歩きました。
大きめのスカーフやショールは、便利だと思います。寒いときは上着として着てもいいいし、気になる時には上から羽織って、肌も隠せます。

記念写真を撮るときにも注意でした。極端に人前に顔や肌を見せるのを嫌うイスラムの女性。
建物を撮っていても、うっかりイスラムの女の人が写ったりしたらトラブルの元です。
いつも、「ちがいますよ~建物を撮ってるんですよ~。」ってな態度で、カメラは決して女性の方は向けず、上や横にずらして撮りました。それでも時々、睨む様な視線を感じて怖かったですけど。^-^;

ドバイ内の交通
 公共の移動手段として、鉄道が、、、、、、建設中。(ToT)
2009年に、空港とドバイ中心部を結ぶレッドメトロが開通予定らしいが、むちゃむちゃ建設中だったぞ!本当に開通するのか?!
 開通すると、これまた、世界最長の無人運転鉄道になるらしいです。ドバイ、世界一大好きだねぇ。

 そして、路線バスがある。。。。。らしいのだが、バス停を見たものの、滞在5日間で路線バスを一度も見かけませんでした。バス停があるからには、バスは通っているんだろうけど。。。。
 本数が極端に少なそうですね。
 ↓街中のバス停。中はクーラーが効いてます。←バブリーですね^-^↓
bus stop @dubai

 結果、ALL タクシー利用です。^-^;
初乗りは3Dh(ディルハム:1ディルハム=約\26 @’09/2/25)
呼ぶと6Dhでした。主要ホテルやショッピングモールには、待ちタクシーが居ますが、街中で流しのタクシーを見つけるのは、結構大変でした。なかなか来ないので。。。(´д`;)
規制が厳しいのか、数が少ないようです。
 バンコクみたいに、タクシーばっかり走って、客の取り合いになるのも困りますが。。。





Coco一番屋

やっと、パタヤのセントラルデパートにcoco一番屋がOPENしました。v(*^-^*)v

↓↓チキンクリームオムカレー♪↓↓
omukare-.jpg
 ホワイトソースとカレーの絶妙コンビネーション!!!

↓↓定番!フライドチキンカレー↓↓
torikarakare-.jpg

暑くなるとカレーがおいしいですねwwww

モスバーガーのOPENはまだでした。旦那曰く、3月末OPENらしいとの事です。
後、お洋服屋さんでZARAが入ってましたね。OPENはやっぱりまだでしたけど。

GFにあるセレクトショップ街に、今回初めて行きましたが、可愛いお洋服屋さんがいっぱいでした。
皮専門店や、山岳民族衣装をアレンジしたお洋服が可愛かったwww
だらだら見ていたらあっと言う間に時間が過ぎてしまってました。

Valentine Chocolate

 バンコクのエンポリへお買い物へ行ったら、タイムリーに特別催し物会場で、チョコレートが販売されていました。
 
 日本でもよく見るベルギーチョコや、他輸入物チョコレートが多数ありました。

んで、せっかくなので、旦那様へと買いました。。。。

   ↓↓Belgio Chocolatier↓↓            ↓↓Kokoa Hut↓↓ 
 chococo.jpg     chococo2.jpg

 まぁ、旦那は甘いもの食べないので、自分の物になることでしょう♪ニヤリ

ちなみに、Kokoa Hutは、エンポリではなく、伊勢丹とZENの間にある渡り廊下3Fで売ってます。
タイのローカルブランドで、お土産に最適♪
写真は、マーブルコーティングチョコですが、中にマンゴーや、タマリンドのペーストが入ってます。
ペーストの種類もむちゃ豊富(20種類くらいあったかな・・?)にあります。
味見もできるので、好きな味を確かめて買うことができますww
ドリアンチョコがそこはかとなくドリアンだったのが、なんとも。。。┐(´―`;)┌

花火。

バレンタインデーを祝ってか、、、花火が上がってました。

fire works

fire works2

海の方からでもなかったので、どっかの金持ちのお家からでしょうか。。。。

屋台ソーセージ。

タラートや、ナイトスクウェアでよくみかけるソーセージ。
店頭で炙って売ってて、いつもめちゃおいしそうな臭いと煙を出してます。
買おうかな♪と思いつつも1品ではお腹がふくれないので、いつも他のメニューを買っていました。

今日は、木曜タラートの日。
今日こそは、と、買ってみました。

sausage.jpg

ザク切りキャベツと、ショウガの漬物がついてきます。

お味は、、、、、ちょっと残念☆。
期待した程ではなかったです。( ̄▽ ̄;)

中は米やらハルサメやら入ってて、辛くはないのですが、かなり大味。胡椒の味しかしない。。。。
ライスボール、油いっぱいソーセージ版みたいな。^-^;

↓中身拡大!↓
sausage2.jpg

やっぱり焼き物はガイヤーンが一番だ!!


フラダンス始めました。

 おなじアパートの奥様方と、フラダンスを始めました。(*/▽\*)キャ
先生は、週に一回にさるまる達のアパートに来て下さって、教えて下さいます。

 日本人には、メジャーな海外旅行先、ハワイ。
日本でこそ、フラダンスはメジャーですが、タイでは、「ハワイ?どこそれ?フラ?何それ?」状態です。
暑い国の人は、暖かい所へ旅行に行かず、寒い所へ行きたがるんだとか。「雪が見たい」とか。
 わかる気もしますがwww

んで、フラのお話。先生は
「タイにもフラダンスを広めたい!!」とゆー壮大な夢をお持ちです。

う~~~ん、我々のダンスを見て、タイ人が「フラダンス素敵!!!」と思ってくれるかどうか。。( ̄▽ ̄;)
がんばりマッスル。(* ̄0 ̄)ノ


まずは、形からwww
衣装買いました。黒にピンクのハイビスカス柄。水曜タラートで190THBデス。
さらに、これから素敵なフラダンスのぼわっとなったスカートになる予定の布も買っちゃいましたwww
4mで240THB。こっちは、チョンブリタラートで、同じアパートの奥さんが買ってきて下さいました。
 共に日本で買うよりぐぐっとお安くなってます。
dress.jpg


腰振って、ウェストのくびれ目指すのだ!!!!
目指せフラガール!!!



↓本当にあった素敵な女の子達のお話。常磐って素敵!!↓
↓こんな感じに踊れるようになるかしら???↓
      

同じアパートの奥さんがひったくりにあったらしい。

 同じアパートの奥さんが、ひったくりに遭いました。ΣΣ(゚д゚lll)ガガーン !

場所はシラチャナコン通りのパヤタイ病院前で、時間は20:30頃だそうです。

 バイクで後ろから近づいて来て、通り過ぎざまにひったくって行き、そのまま逃げていったらしいです。

奥様曰く、、、
『いつもは、道路と反対側へかばんをかかえて歩いていたが、当日、たまたま外出先の旦那様と待ち合わせるために、小さな手持ちのかばんを提げて歩いていた』
『歩道はがたがたで歩きにくいので、WEBサイト側の車道を歩いていたら、後ろからあっとゆー間にもって行った』との事。

まだ人通りも多く、目撃者も多数いたので、すぐに警察に届けたものの、警察の対応は誠意が感じられず、、、おそらく犯人逮捕は難しいのでは?との事でした。

『金より財布(←ブランド物らしい)返せ!!』と、マダムは怒ってらっしゃいます。

世界的不況の波は、ここタイにも押し寄せて、従業員大量解雇につながっています。
失業率が上がり、こういった犯罪も増えているとの事。

人事ではありません。

*夜の外出は控える
*外出は複数人数で
*カバンは道路とは反対方向に持つ、又は肩からかける
*歩道を歩く

を、徹底したいと思います。
って、言った先から、今日もタラートへ一人出歩いて行った私、、、、。気を付けますデス。( ̄▽ ̄;)


Chocolate Bites by Mr.Doughnuts

日本でもおなじみのミスター・ドーナツ。
シラチャにもパシフィックパーク内と、トゥッコム(IT CITY)内にあります。
その中には、タイオリジナルメニュー(と思われる)メニューがあります。
本日のおやつは、小さなドーナツが6個入った”Chocolate Bites”☆
chocolate bites

周りをチョコレート(ホワイト、ビター、カフェ、ストロベリー☆)でコーティング。
さらに、中にもチョコカスタード☆
choco bites

小さめなので、1箱ペロリ♪食べちゃいます。
↑腹周りヤバメなんですけどねぇぇぇぇぇぇl(;^▽^)




View from Cape Racha

お知り合いのお家にお邪魔しました。
Cape Racha (シラチャマップ/ホテル&コンドミニアム⑤)からの眺めです。

我が家からは、海が見えないのでうらやましいですwwwww
シラチャはやっぱり海の町ですね☆

ko-roi from caperacha

view from caperacha


七ツ釜

 少し前に、パヤタイ病院前にOPENした釜飯のお店。七ツ釜。(パヤタイ病院位置→シラチャマップ地図中央)
nanatsugama.jpg
 先日、シラチャ在住奥様とランチしに行ってきました。
シラチャに日本食屋さん数あれど、釜飯屋さんは他にないですねwwww

ランチメニューは、メインのお惣菜を2つとご飯、味噌汁、漬物、小鉢がつきます。
nanatsugama2.jpg
メインのお惣菜も種類豊富です☆
 煮物系が多くて、おいしいそうですww
ご飯も、釜飯、白米、おにぎり、海苔巻きからセレクトできます。
でもやっぱり釜飯屋だから釜飯かな。具が大きくておいしかったです☆

↓マイセレクト☆大根とイカの煮物+サケの照り焼き☆↓
nanatsugama4.jpg

↓同行マダムセレクト☆やっぱり大根とイカの煮物&天ぷら☆↓
nanatsugama5.jpg

↓こーんなセレクトもありです☆おうどん+海苔巻き☆↓
nanatsugama3.jpg

他に2~3グループの方々がお食事を楽しまれてました。
ランチとあって、奥様グループばっかりでしたけどww( ̄▽ ̄;)




甘くないヨーグルト。

 甘いもの大好き!!なタイのお国柄。
お茶、紅茶、コーヒーなどには、すべて大量のお砂糖が入ってます^-^;
ヨーグルトも例外ではありません。
 フルーツヨーグルトも、プレーンヨーグルトも加糖がほとんど。
朝ごはんにヨーグルトが欲しいところですが、日本で売っている無糖もしくは微糖のヨーグルトはあまり見受けられません。ブルガリアヨーグルト的なヨーグルトってないですよね。

 でも↓コレ↓は、無糖wwww
yoghurt.jpg
produced by SUNRISE DAILY LIMITED 450g入り

お味は、ちょっとすっぱめ。カスピ海ヨーグルトに似てます。
スキムヨーグルトなので、ダイエットにもばっっちりだ☆

↓↓HOW TO スキムヨーグルトダイエット☆↓↓
http://www.kg-diet.com/yaseru/015yogult/

パタヤのカルフールで見つけたのですが、最近シラチャのTOPS(ロビンソンの地下の方)でも見かけるようになりました。

食べた後は、牛乳足して30度前後で一晩置けば、ヨーグルト培養もできたりします。


カスピ海ヨーグルトの乳酸菌 ヨーグルトの願い 5本入り<br> 発売から3年で50万本売れてるヨーグルト!!【ちゃっかりダイエットココミン】
カスピ海ヨーグルトの乳酸菌 ヨーグル...
1,575円
商品ページへ
Ads by 電脳卸




チョブーンブックス(CHO-BOON BOOKS)

チョブーンブックス(シラチャマップ/レストランカフェ⑥)は、シラチャにある日本語図書の古本屋さんです。
cho-boon books

 一階部分に旅行書、参考書、他書籍が並び、二階部分に雑誌が置いてあり、落ち着いた雰囲気の店です。

新刊を取り扱う東京堂書店(パシフィックパーク内)ものぞきますが、チョンブーンブックスさんも掘り出し物がないかな~♪とたまにのぞきに行きます。

旅行書などは安くなっているので、いつか行きたいな☆と思っていた地球の歩き方バリ島を買いました。
ちょっと古めですが、見るだけでトリップできますww・:*:・( ̄∀ ̄ )。・:*:・
マジで行きたいなぁ・・・・。
baribook.jpg

ワットポー・マッサージスクールに行って来た④

 これからマッサージスクールに通われる方へ。

とりとめもなく、思った事を記載していきます。
必要な情報、不要な情報を取捨選択して下さい。

休憩時間
10:30と、14:30頃に10分程度、休憩時間があります。
休憩時間には、5階のカフェでお茶+お菓子のセットが20THBでいただけます。
↓↓ある日のおかち。↓↓
coffeecake.jpg

お昼休憩
12:00~13:00にお昼休憩があります。
やっぱり5階で、ビュッフェスタイルのタイご飯が40THBでいただけます。
おなじみのご飯とオカズに加え、フルーツやクイティアオ(米麺ラーメン)も食べ放題なので、
かなりお得かと。
難を言えば、超混雑☆席取合戦があるかもしれません。
↓↓ある日のおかず☆↓↓
lunch.jpg

学校内以外にも、ターティアン(船着場)へ行くまでに数件、タイ飯屋台があるので、そこでいただいてもOKです。

服装:
受講中、クーラーがめちゃ寒いです。
施行している時は良いのですが、クライアント役になった場合とっても冷えます。
動きやすい上下長袖のジャージをお勧めします。

開始日:
やはり、日曜日か月曜日開始の受講者が多いようです。
他の曜日も受付ていただけますが、人数ちょい少なめです。
人数が少なく、タイ人グループの中に入ると、会話ができなくってちょっと淋しかったり。。。^-^;

日本人講師
本校で、日曜開始のグループを教えておられる先生の中に、
日本人講師ミヤハラユカ先生がいらっしゃいます。
でも、講師の勤務日程はいつも同じとは限らないので、ミヤハラ先生に教えていただきたい方は事前に確認を!

受講日程
初日に受付で確認された受講日程(1週目3日、2週目2日)ですが、
だからと言って先生にまで、伝わっている訳ではありません!
そう、ここはマイペンライの国タイ!!
繰り返しになりますが、先生にも日程を分けて受講する旨を伝えましょう。
私は、3日目に教えていただいた先生に伝えてお休みをいただいたのですが、
他の先生が「さるまるはもう来ないのか?」と友人に聞かれたそうです。
担任制と言いながらも、毎日、先生が変わって、イマイチどの方が担任であったのかわからず仕舞。
最初にガイダンスされた先生かな??

いずれにしても、”分けて受講”は、あまりする人がいないので、
あらぬ誤解を招かぬよう、連絡を徹底しましょう。←自分で言うなって感じですけど。

ちなみに、日程を分ける時に理由を聞かれましたが、(←おそらく先生の個人的興味)
私の場合は、「家が遠いので、毎日は来れない。分けさせて。」でOKでした。
私「家がシラチャにあって・・・・」
先生「シラチャ????」
私「パタヤの近くです。。。」
先生「遠っ!!!」
って感じの反応でした。

尚、お休みをいただいた後の、4日目&5日目は、同じ進み具合のグループに参加しました。

1日体験
さらに、短い半日体験・1日体験と言うのがありました。
ただし、この体験はスクールで申し込むのではなく、
日本語ツアーのウェンディツアーへ申し込む事となります。
ので、ちょっとお高め^-^;;;;
詳細:http://www.wendytour.com/thailand/coupon/view.asp?ID=1519


・・・このぐらいでしょうか。
気がついた事があれば、追記していきます。





ワットポー・マッサージスクールに行って来た③

 受講開始。

1日目。受付の時に、教科書3種を受け取ります。
↓左:テキスト(英・和・中・韓語で書かれてます↓
↓中:基本コースの施行方法を写真入りで説明した小冊子(英文)。授業はこれに従います。↓
↓右:古式マッサージの基本ラインを紹介した小冊子。黄色の冊子は日本語でした。↓
text book

同じく、当日朝受け取る参加賞?
↓ノート、かばん、ペン。なんと身一つで来ても受講できるセットとなっております。(笑)↓
notebook and bag


尚、これらのテキストや、ノートは一階のSHOPで取り扱ってましたので、
授業を通うのは大変だけど、テキスト買って自分でやってみようかな♪って方はテキストだけ購入できます。
絵だけでは、ちょっと理解しにくいですけどね。。。。やっぱり習いに行かないと!!


1日目の午前中は、まず2Fの教室で、ガイダンスを受けます。
自己紹介から始まり、タイ古式マッサージの基本のラインや、押してはいけないツボ等を習います。
授業は、終始英語で進められました。先生は皆さん英語が堪能。2ヶ国語が話せる方、本当、尊敬します。

途中、10:30頃に一度休憩をはさみ、3階の教室に移動して、いよいよ練習開始。
2日目からはずっと3階の教室で、受講しました。

直接、足に押すつぼの位置を書いてもらいました。油性ペンで。^-^;
↓↓お目汚し失礼!↓↓
asi.jpg

その通り押して行くので、印が消えてない1日目は大変わかりやすかったです。

基本コースは、5つのパートに別れており、

パート①:仰向け
パート②:横向け
パート③:うつ伏せ
パート④:仰向け
パート⑤:座位     となっており、

授業は、
1日目:午前、ガイダンス   午後、パート①
2日目:午前、パート①復習  午後、パート②③
3日目:午前、パート①②③復習 午後、パート④⑤
4日目:午前&午後 パート①②③④⑤復習
5日目:午前パート①②③④⑤復習 午後、テスト

と言う運びとなっております。
5日目のテストまでに、それぞれの順番や、手足の運び方を覚えるだけで大変です!

先生は、皆さん、カタコトの英語&日本語で教えて下さいます。
会話まではできないけど、事マッサージ用語に関しては、皆さん流石プロフェッショナル!

「肩甲骨、まわり、押す」とか。
「お尻、上げて!」とか。
↑すぐに座って施行しようとするので、しょっちゅう言われてしまった。。。^-^;


5日目。なんとか卒業証書GETしました!!!
テストは、実技と、押してはいけないツボや、施行前に客に確認する事などを口頭で聞かれます。
押してはいけないツボは日本語で答えてOKでした。

↓青いホルダーに入れて頂戴しました。↓
holder.jpg certification.jpg


スクンビット校では、ラミネート加工(1枚60THB)もしていただけるそうです。

ワットポー・マッサージスクールに行って来た②

さぁ初日です!
受付可能な09:00前を目指して、スクールへ!!!
受付時間もあるので、08:30には着かねば!!


シラチャ~マッサージスクールまで

まずは、まだ暗いうち(05:30頃)に、シラチャから高速バスに乗ってバンコク東バスターミナル/エカマイまで移動。
express bus

高速バスはトゥッコム(IT CITY)の隣から出ています。→MAP
運行時間は朝5:30前後~。決まった時間の運行ではなく、バンコクからのバスが到着次第、折り返し運行なので、5:20とか、5:30とか、5:30前後に便があります。
現在、運賃は88THBでした。
エカマイまでの乗車時間は、ほぼ2時間。
2時間後、07:30頃エカマイ到着です。
しかし、バンコクに入ってからの渋滞で遅れる場合も多々有りです。
初日はエカマイまで行きましたが、その一個手前のBTSの駅・オンヌットにも止まるので、2日目以降はオンヌットで下りて、BTSに乗り換えました。
 「一度BTSに乗り換えて、タクシーに乗り換えるのは、めんどくさいな」と、エカマイからタクシー一本でスクールに行こうとした日もありましたが、授業開始の09:00までの1.5時間、ずーーーっと渋滞につかまりっぱなしだったので、時間に間に合うかどうか冷や冷やしました。恐るべし朝のスクンビット通り!!!
 BTSオンヌット→BTSナショナルスタジアム→タクシーのコンビネーションで通うのが一番効率的でした。安定して、08:30までに到着できました。

ワットポーは有名でも、マッサージスクールは地元ではメジャーではないのか、タクシーの運転手に「ワットポーマッサージスクールに行って下さい。」では、あまり通じませんでした。
かと言って、「ワットポーへ行って下さい」では、ワットポー寺院の入り口に連れて行かれてしまいます。ワットポー寺院は広いですから、結構な距離を歩く事になってしまいます。
 通じない場合は、「ターティアン(ワットポー近くの船着場)」を伝えてください。近くまで行けます。
タイ語では、「ワットポー、カンナー・ターティアン。(ワットポー、ターティアンの正面)」
ターティアンからは徒歩5分ほどなので、後は歩いていただくか、身振り手振りで、セブンの前で止めてもらうか(←運転手が後ろ見て、ちょっとあぶない(笑))してみて下さい。

ワットポーマッサージスクールの場所

 ちなみに、通う前に、スクールの内容や、場所は、こちらのサイトを参考にさせていただきました。
場所ですが、この方が通われた頃と変更になったのか、この方の地図で言うところの④フットコース教室の場所が現在の事務所兼教室となっています。
 そういえば、1階にフットマッサージ用の椅子が置いてありました。

ワットポー本校のパンフの地図を利用して、ご説明すると
↓↓こんな感じ。②が受付場所↓↓
school map

ターティアン(船着場)から、ワットポー寺院を左手に見て進み、7-Elevenの通りの一個手前を曲がります。
↓↓ターティアンの様子↓↓
tatian.jpg
 
 ワットポー寺院を左手に見て、徒歩5分。
↓↓この通りを曲がる。↓↓ 一筋向こうにセブンが見えます。
soi school

7-Elevenの通りを曲がっても、コの字型の通りとなっていますので、到着できますが。。。^-^;


さぁ、受付開始です。

 当日は、08:30頃スクールに到着し、まずは窓口で番号札と申込用紙をもらいました。
待っている間に申込用紙に記入し、呼ばれたら受付開始です。
 必要な物は、
 ・パスポートの写真の入っているページのコピー 1部
 ・5cmX5cmの写真 3部(但し追加の証書が欲しい場合は、追加証書の枚数分をプラス)
 ・受講料
でした。
 欲しい卒業証書のフォーム(3種類:ALL英語、名前英語+証書タイ語、ALLタイ語)はこの時選びます。
 
 *写真のうち1枚は、先生のノート(生徒さんの写真と名前の一覧が書いてある)に貼る用なので、
 後で、先生に渡します。
 *卒業証書は、1枚は受講料に含まれていますが、2枚目以降は各200THBです。
 *ちょっとタイ語の証書も欲しくて、ALLタイ語の証書もお願いしました。
  アルファべットを適当にタイ語に直してくれます。ちょっと発音違ってもご愛嬌☆

 また、日程の確認もこの時行います。私が受けた基本コースは5日間のコースなので、申し込み当日から連続5日で受講するのがスタンダードとなります。
 分けて通いたい場合は、この時に「何日と何日に来ます」と伝えておきます。
 私の場合は、1週目(月・火・水)、2週目(月・火)と通う事にしました。
ちなみに、「各週で、毎月曜日来たい!」と希望を出したのですが、それは不可でした。
分けれて、3日+2日くらいみたいです。

 マッサージスクールについて

1Fが受付とSHOP、
2F、3F、が教室、4Fが事務所(?←スタッフオンリーの部屋が多かった)、5Fが食堂兼カフェになってます。
カフェは朝早くから営業しているので、早めに着いた時は、ここでコーヒー等いただいてました。

 ↓↓玄関↓↓
school gate

 ↓↓上には、WATPO Thai Traditonal medical school,Massage schoolの文字が。↓↓
name board

↓↓1FのSHOP,アロマオイルや、ワットポーグッズが売ってます↓↓
shop.jpg

↓↓5Fの食堂兼カフェ。オープンテラスで風が気持ちヨス↓↓
5f restaurant

↓↓カフェからチャオプラヤ川越しに、ワットアルンが見えます。いい景色♪↓↓
view from 5f

 尚、生徒用の更衣室はありませんでした。
動きやすい服装で通い、そのまま授業を受けるか、もしくは、トイレで着替えるかする必要があります。
 着替えてらっしゃる人は、あまりいませんでした。←私くらい^-^;

ワットポー・マッサージスクールに行って来た①

 タイに来てからやってみたかった習い事No.1のタイマッサージ。
近くのチャイディー(シラチャマップ/レストラン・カフェ・他⑪)さんでも習えるのですが、
やっぱり習うなら本場ワットポーで!!!・・・・と考えてました。

 でも、バンコクのワットポーまでは遠いし、シラチャから通うのも、バンコク内でホテルを取るのも大変だなぁと、二の足を踏んでました。

 が!!! 今年、やっと決心して行って来ました♪

まずは、通うスクールの比較検討から。

 ワットポーマッサージスクールは、本校(ワットポー近く)とスクンビット校の2つあります。
それぞれの学校で習う事は同じなのですが、立地条件や費用の点で大きく異なってきます。
 まずは、2つを比較検討してみます。


★ワットポーマッサージスクール本校
  言わずと知れた?!タイ古式マッサージの総本山ワットポーに隣接したマッサージスクール。

公式HP:
http://www.watpomassage.com/2008

授業料及び授業時間:
Basic-------8,500THB/5days(30h)
Foot--------6,500THB/5days(30h)
Advanced---12,000THB/10days(60h)
Oil&Aroma---6,500THB/5days(30h)
Baby--------5,000THB/4days(21h)

案内資料:別ウィンドウで開きます。
  ↓↓オモテ↓↓     ↓↓ウラ↓↓    ↓↓料金表&日程表↓↓
original-omote.jpg    original-ura.jpg    price list

立地条件:
悪し。バンコクの西の端。
でもバックパッカー聖地、カオサン通りからは近い。

授業日程:
基本連続で通う必要あり。←後ほど記載しますが、交渉すれば分けて通えました。

授業日:
事前予約不要。開始日の朝9時までに申し込む。

利点:
卒業後も練習に行ける。
 

★ワットポーマッサージスクール スクンビット校
ワットポーマッサージスクールの分校。外国人向けに1998年に設立され、授業はタイ語・英語・日本語で行われる。通う日本人が多く、講師はほとんどの方が日本語ペラペラらしいです。

公式HP:
http://www.watpo-school.com/

授業料及び授業時間:
Basic-------13,800THB/30h
Foot-------9,900THB/30h
Advanced---18,500THB/60h
Baby--------8,500THB/21h
ルーシーダットン---3,500THB/4h

案内資料:別ウィンドウで開きます。
  ↓↓1枚目↓↓    ↓↓2枚目↓↓    ↓↓3枚目↓↓
  sukhumvit-1.jpg     sukhumvit-2.jpg      sukhumvit-3.jpg


立地条件:
良。バンコクの中心プロンポン駅から徒歩5分。
近くにエンポリアムデパートや、お店が多数並ぶ繁華街に有り。

授業日程:
隔週や、午前のみ、午後のみ等アレンジ自由。
ただしコース毎に終了させなければならない期間が設けられている。
その期間は2年内とか、かなり長い期間なので、普通にまじめに、
受講していれば、終わる程度の期間となっている。

授業日:
前日の13時までに要予約。
     
利点:
基本・上級・フットコースは、テキストの他に、施工方法を収めたVCDがもらえる。
↑日本に帰った後、手順を忘れちゃった場合の為らしい。
日本語で授業が受けれる。


2つの学校を比べてみると、まずその価格の違いに驚きます。
通うつもりの基本コースのお値段は、スクンビット校は本校の約1.5倍!! 5,300THB(=約\15,000)も差があります!!
 でも通うとなると、本校は、ワットポー近くまでBTSが届いていないので、シラチャからだと、高速バス→BTS→バスor水上バスorタクシーと、乗り換えが多く、通うのは大変だなぁと思ってみたり。それが毎日となると。。。。ケツカッチンになっては元も子もありません。
 おそらく、スクンビット校の方が、自分の都合に合わせて通う日程を変えれるので、通いやすいでしょう。
 *在タイの私には、あまり利点ではないですが、スクンビット校は夕方(16:00-19:00)も授業を受けられ、一日最大9時間受けれます。
 日本から来ていて、どうしても本校で習うほどの期間が取れない方が受講されるらしいです。
また、日本語で授業を受けれる事や、高速バスからBTSのみ乗り換えのみで通えるのも魅力です。

 しかし!貧乏性の私にとっては、どうがんばっても、それが1.5倍の値段の差には勝てず、、、且つ、ワットポー本校の窓口で問い合わせた所、「5日間連続でなくとも、3日&2日と分けて通っても良い」との確認がとれた為、結局ワットポー本校に通う事にしました。


今日は節分ですね

 J-TOWN レストラン(シラチャマップ/ホテル&コンドミニアム⑨内日本食レストラン)で、夕飯を食べていた所、帰り際に会った同じアパートの奥さんが「今日は節分なので太巻きよ♪」とお持ち帰りされてました。
 見てたら欲しくなって(笑)、我が家も太巻きを作ってもらいました。
カットはせずにお持ち帰り~~~。

futomaki.jpg


 今年の恵方は、東北東。
部屋に帰って、向いてもくもく食べました。

あ、関西圏以外の方は、あんまりなじみがない習慣ですね。
こーゆー習慣です。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。