さるだらシラチャ便り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dubaiに行ってきた②さぁ!初日だ!!

まずは、スワンナプームから飛行機に乗り込みます。
↓搭乗前待合所。何気にヒゲ人口が多い。。。↓
airport090225.jpg
インド経由なので、インド系の人も多い。

↓搭乗機。エアバスA330でした。↓
airplane090225.jpg

 最近、タイ国内線しか利用してなかったので、すっかり忘れていましたが、タイ航空のこの機体。
座席にモニターが付いているタイプではないので、航空機内の8時間半が超ヒマ!
 映画が前の大きいモニターで映されてはいるものの、見辛い。
バンコク10:50発、ドバイ16:45着、時差3時間と言う、まっ昼間移動・時差もほとんどなし!の移動なので、眠くもない。。。。座席モニター着いてる機体ってそれだけで利用価値高いよね。機内って、映画見るくらいしか時間のつぶし方がない、、、、。
 そんな時の為に!と持って行ったDSは、バッテリーが無くなるまで使用されました。

↓↓機内食です♪とうもろこしのパン(ナン?)がおいしかった♪↓↓
eatin090225.jpg
 サラダをお残ししていたら、隣のおそらくインド系の青年が、「食べないの?食べたげるよ!。」と声をかけてきました。どうぞどうぞ♪と渡したものの、初対面で行きずりの機内の中で「食べたげる」ってシチュエーションはないよなー(;´∀`)
 新手のナンパか?!と身構えたけど、本当にサラダ食べてくれただけだった。。。。
 これが噂に聞く、インド系の厚かましいまでのフレンドリーさかぁ。今までインド路線乗った事なかったから知らなかったや~。
 と、思ってたら、帰りのお隣さんはさらにすごい人でしたΣ (゚Д゚;)→Dubaiに行ってきた⑦帰りの飛行機で。。。

↓↓チェンナイ港到着~~ww↓↓
chennai090225.jpg

 機内のお掃除も始まり、なんとなーく手持ち無沙汰な私。
出たいなーと思ってたけど、「待ち時間30分だからそのまま席でお待ちください」とのご指示でした。
(´´``)ショボーン

そうこうしているうちに、、、
着きました~♪ ドバイ 第一ターミナル~♪
Dubai terminal1
 ちなみにこのターミナルは、ドバイへ乗り入れるエミレーツ以外の国際線航空会社の為のターミナル。
 エミレーツの場合は、専用ターミナル(第3ターミナル)があります。

 ドバイで航空会社と言えば、”エミレーツ”とすっかりドバイ暮らしが染み付いた友人は、第3ターミナルで待っていてくれたようで、なかなか会えませんでした。。。ごめん、8000THBけちって、TGだったんだよ。。。<( ̄∇ ̄)ゞゴメリンコ~♪
出迎えてくれた友人とも無事に会えて、一旦荷物を置くためにタクシーで友人宅へ。

友人宅へ行くまでに、世界一高いビル(注:建設中)バージ・ドバイが見えました。
bajudubai.jpg

建物も屋根が平たくて、すっかりアラビアンな気分~♪
街中建設ラッシュ~~♪あっちもこっちも建設中~♪
 って、きょろきょろしました。(* ̄▽ ̄*)にゃは
タクシードライバーが、「ドバイ初めてだろww。」って。これだけきょろってたら、お見通しよね~~。


友人宅で落ち着いたら、予約してた(←つか、友人がしてくれてた^-^;)ダウ船ディナークルーズ に行くために、ツアー会社のピックアップを待つ。
19:00PICK UPと聞いていたけど、待てど暮らせどドライバーが来ない!
えーん、20:00クルーズ開始って言ってたのに~。ガックリ○| ̄|_
半分泣きが入り始めた19:50、やっとドライバーが来ました!!
出航に間に合わないんじゃん!!と友人と二人でぶーたれてたら、「出航は20:30頃くらいからだよ~。大丈夫ww」って悪びれもなくのたまうドライバー。
 あー、後ろ30分がドバイ時間なんですね。理解しました。( ̄▽ ̄;) 

↓クルーズ船。すっかり日も暮れました。ww↓
 dauCruise.jpg

入り口で、アラビックコーヒーをいただいたら、さっそく中へ!

↓中はビュッフェ形式で食べ放題♪↓
↓基本はアラビックでしたけど、ちょっぴりインディアン風?でした↓
Cruisedinner090225_1.jpg Cruisedinner090225_2.jpg
味付けが塩とオリーブオイルのみで仕上げた、レバノン風サラダがおいしかったです。
レストランと言えども、アルコールを提供しないイスラムの国ドバイ。このディナークルーズ船は別です。ワインやビールがいただけました。・:*:・( ̄∀ ̄ )。・:*:・ウマー。

ディナーをいただいた後は、デッキでまたーりできます。
デッキには、ベンチの他にクッションもおいてあって、かなりマターリできました。
↓沿岸の風景。ネオンが綺麗ですwww↓
viewfromCruise090225.jpg

十分またーーーりした後、出発地に戻ってきてダウ船クルーズ終了ー。
と、同時に無事一日目終了ー

スポンサーサイト

Dubaiに行ってきた①ドバイ基本情報

何やらシラチャ便りとはかけ離れますが、またまた番外編デス。
タイ航空使って、ばびゅんとドバイまで行ってきました。
イスラム圏初上陸wwww

ドバイといえば、こーんなバブリーな建物群で有名ですが、昨今の同時不況の中、計画頓挫してしまったケースもあるようです。でも、世界一高いバージ・ドバイはしっかり建設中でしたし、世界地図を模した人工島のうち一島は、既に、かのベッカム様がご購入されたとの事です。
今だバブリーですねwwww( ´ ▽ ` )ノ
神田うのが新婚旅行に来た地らしく、最近は邦人のハネムーン先としても選ばれているようです。
旅行中も何組かお会いしましたww

ドバイ基本情報
ドバイといえば、アラブ首長国連邦の首都アブダビに次ぐ、第2の都市。石油埋蔵量がさほど多くないので、逸早く石油依存を脱却して、経済で身を立てようと発展した都市です。
アブダビで石油発見が1960年代、たかだか50年でこの成長!!
今のロイヤルファミリーによる手腕だとかで、国民は首長様を超尊敬。街中には首長様&王子様の肖像画が飾ってありました。
もともとヨーロッパとアジアを結ぶ中継的位置であった事もあって、今もハブ港として盛んです。

↓位置情報↓

大きな地図で見る

季節は、夏は猛烈に暑く、冬は意外と冷えるらしい。夏は4月~10月、冬は11月~3月。冬の間がベストシーズンらしいですが、日によっては砂嵐発生の恐れアリ。
っと言うか、ありました。砂嵐。朝目が覚めると窓の外が舞い上がった砂で真っ黄色でした。
風と砂で目が開けられず、サングラスを持って行けば良かったと後悔しました。
後、ドバイと言えば、お買い物!!1月中旬~2月中旬が冬のセール期間中らしいです。
お目当てのブランド物がかなりの割引で買えるらしい。さるまるが行った2月下旬でも、お店によっては割引値段で販売されてました。
でも、まぁ、割り引かれてても元値が高かったので、手は出ませんでしたが。。。。^-^;
6月中旬~8月中旬は夏のセール期間らしいデス。


タイからドバイへの交通
タイからドバイへは、多数のエアラインが乗り入れてます。
直行便はもちろん、機内サービスの評価が高いエミレーツ航空
ドバイを拠点としていて、航空券はすべて燃料油サーチャージ込み込み価格。
エコノミーで最安値30,000.-THBぐらい。
他航空会社と比べ、価格的にはちとお高い。。。 ですが、直行便である事や、ドバイでの発着が専用ターミナルで行われる等、惹かれる要素は多々あり。
燃料費が高かったら、利用してたと思います。今、下がってきたので利点があまり利点でなくなってきてしまいました。

タイ航空は、乗り換えなしの経由便。直行ではなく、インドのチェンナイ経由でドバイまで行きますが、乗り換えの必要がないので、他エアラインよりは、体が楽です。
チェンナイでは、下りる人を下ろして、乗る人を乗せて、その間ドバイに行く人は同じ機内で待つ事となります。その間30分。あまり長くはないし、下りて次の機に乗り換える必要がないのは、有難いかと。
エコノミーで最安値22,000.-THBくらいかな。

他経由便は、キャセイ航空、シンガポール航空や、スリランカ航空、アブダビ経由のエティハド航空、クェート航空、カタール航空、ガルフエア、バンダルスリベガワン経由(←どこか知らない。。。)ロイヤルブルネイ航空、最安値はバックパッカー御用達バングラディッシュ航空のダッカ経由15,000THB.

今回さるまるは、ANAのマイレージが貯まっていたので、そのマイレージを使って、ANAと提携しているタイ航空で行きました。(*´∀`*)
エミレーツも乗ってみたかったけど、+8000THBに涙を飲んでがまん!!

イスラム文化
 イスラム教を国教とするUAEですが、外国人観光客と外国人労働者が多いので、イスラム圏特有の厳しさは若干ゆるい感じです。
 でも、やはり場所によっては、肌の露出が疎まれたり、スカーフが必要であったりします。
外国人観光客だから、且つ、暑いからと言って、ランニングシャツでうろうろしていると、ジロジロ見られて嫌な思いをしたりもします。
さるまるは、ドバイ在住の友人のアドバイスで、常に上にはおるもの=ショールを持ち歩きました。
大きめのスカーフやショールは、便利だと思います。寒いときは上着として着てもいいいし、気になる時には上から羽織って、肌も隠せます。

記念写真を撮るときにも注意でした。極端に人前に顔や肌を見せるのを嫌うイスラムの女性。
建物を撮っていても、うっかりイスラムの女の人が写ったりしたらトラブルの元です。
いつも、「ちがいますよ~建物を撮ってるんですよ~。」ってな態度で、カメラは決して女性の方は向けず、上や横にずらして撮りました。それでも時々、睨む様な視線を感じて怖かったですけど。^-^;

ドバイ内の交通
 公共の移動手段として、鉄道が、、、、、、建設中。(ToT)
2009年に、空港とドバイ中心部を結ぶレッドメトロが開通予定らしいが、むちゃむちゃ建設中だったぞ!本当に開通するのか?!
 開通すると、これまた、世界最長の無人運転鉄道になるらしいです。ドバイ、世界一大好きだねぇ。

 そして、路線バスがある。。。。。らしいのだが、バス停を見たものの、滞在5日間で路線バスを一度も見かけませんでした。バス停があるからには、バスは通っているんだろうけど。。。。
 本数が極端に少なそうですね。
 ↓街中のバス停。中はクーラーが効いてます。←バブリーですね^-^↓
bus stop @dubai

 結果、ALL タクシー利用です。^-^;
初乗りは3Dh(ディルハム:1ディルハム=約\26 @’09/2/25)
呼ぶと6Dhでした。主要ホテルやショッピングモールには、待ちタクシーが居ますが、街中で流しのタクシーを見つけるのは、結構大変でした。なかなか来ないので。。。(´д`;)
規制が厳しいのか、数が少ないようです。
 バンコクみたいに、タクシーばっかり走って、客の取り合いになるのも困りますが。。。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。