さるだらシラチャ便り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ban Pinsuwan Benjarong ピンスワン工房

タイの陶磁器として名高いベンジャロン焼き。元々は王室御用達の高級磁器です。今でも国賓のお土産として贈られています。
ベンジャロンとは、「5色」の意だそうで、タイの伝統的な草花を5色で色付けされ、金で装飾が施されています。
 
 アジアンちっくと言えば、アジアンちっく。
 装飾が派手と言えば、派手な食器だと思います。→ベンジャロン写真

そんなベンジャロン焼きで有名な工房が、バンコク郊外にあるBan Pinsuwan Benjarong ピンスワン工房
駐在奥様が本帰国が近くなると、在タイの記念に買いに出かけられるそうな。。。
ちょっぴり検索してみると、出るわ出るわ、在タイ奥様の「ピンスワンでベンジャロン買っちゃった♪ブログ」(;^▽^)
 完全オーダーメイドで、製作には3ヶ月はかかるという超☆高級品。
さるまるも知り合いの奥様のお宅で、ベンジャロン焼きのカップでお茶を頂いた事がありますが、落とさないか手がぷるぷるしました。( ̄◇ ̄;)

通常は、バンコク郊外の工房までお出かけして購入orオーダーの必要があるらしいのですが、同じアパートの奥様の顔ききで、工房の方が、できあがったオーダー品をお届けついでに、サンプルを持ってきていただけると言うので、ちょっぴりお邪魔してきました。

 写真が撮れる雰囲気ではなかったので、写真でお見せできないのが残念ですが、装飾が派手なベンジャロンの中でも、落ち着いたシックな色合いの磁器。且つ、金装飾がないお皿やコップもありました。
 さすが、有名な工房wwwセンスばっちぐーwwww←お前が言うなって感じですが。。

 オーダーなので、文様のリクエストや、文字入れも可能。
色あいが気に入らない場合は、色も指定して変えていただけるらしいです。
 お値段、小皿が1000THBぐらいから。
流石、王室御用達ww値段もパネェ。ΣΣ(゚д゚lll)
でも、日本の通販と比べると半額以下!!確かに買うなら在タイの今しかない!!
・・・・・・かな??

 工房是非覗いてみたいわ♪って方は、下記ご参照。ミュージアムもあるみたいデス。
以前ホタルツアーで行った、アンパワー水上マーケットの近くみたいですね。

Ban Pinsuwan Benjarong
Address: 32/1 Moo.7 Bangchang,Ampawa District
Phone: 034-751322
Directions: Near Wat Payayart.
Other Contact: fax-034-745278



大きな地図で見る

スポンサーサイト

JIM THOMPSON SALE 2009

来週末、バンコクで、タイ土産の定番・タイシルクのジムトンプソンのSaleがあるみたいです。

jt_sale.gif

JIM THOMPSON SALE 2009
JUNE 5-7, 2009
Hall 106
10.00-17.00 hrs


Sales of Thai Silk Products,
Cotton Fabrics and Accessories
At the Bangkok International Trade & Exhibition Centre (BITEC)
Bangna, Bangkok.

Contact information:
Jim Thompson:
Tel: (0) 2632 8100, 2762 2600
BITEC
Tel: +(66 2) 749 3939
Web site: www.bitec.net

Jim tompson web:http://www.jimthompson.com/index.asp

 OL時代の先輩にいただいた結婚祝いが、ここのランチョンマットのセットでした。
便利で丈夫で、大変重宝していますwww
 タイではメジャーなお店なので、アウトレットを取り扱っている店舗もいっぱいあるのですが、駐妻仲間曰く、このイベントセールが一番お得に購入できるとの事。
 行ってみようかな♪

焼き鳥みよちゃん

シラチャリーマンの憩いの店、焼き鳥みよちゃんに行ってきました。
miyochan20090525.jpg

場所は、満月(シラチャマップ/日本料理・食材屋②)の2件隣くらい。

↓お店のカードももらってきました☆こっちの方がわかりやすいかな↓
miyochan2009052502.jpg

焼き物は、外でじっくり焼いてサーブされます。
塩とタレを選べれる所なんか、日本の焼き鳥屋さんそのものです☆
しかも”みよちゃん”は焼き物だけじゃなく、その他のメニューも豊富でおいしいです。
と、ゆーか、他のメニューのが好きだったりして・・・^^;>
旦那様は、ここのつぶ貝の煮込みが大好きです。おかずにつまみにOKな優れものです。
お持ち帰りして、自宅においとけば、おかずが1品足りない時に便利かも?!

Under Water World @ PATTAYA

PATTAYAにある、Underwater Worldに行ってきました。

underwaterworldpattaya20090524.jpg

場所及び詳細は→こちら

 通常の入場料は、外国人価格450THBと、少々お高くなっていたので、今まで行ったことはなかったのですが、先週バンコクであった展示会「Travel & dive expo 2009」にて、お得なプリペイドチケットが購入できたので、この機会に行ってきました。

↓購入してたSpecial voucher↓
underwaterworldpattaya2009052402.jpg
二人で350THB。とってもお得です☆
 話は変わってしまいますが、展示会「Travel & dive expo 2009」は、ホテルや旅行会社やUnderwater Worldのようなテーマパークが参加し、その展示会のみのお得なプロモーション価格にて、予約やプリペイドチケットの販売を行っておりました。上記のプリペイドチケットも、そのうちの一つ。Underwater worldは他に、家族向けの5人で650THBと言うチケットがありました。
 タイの展示会はだいたいがFreeで入れ、且つ、とってもお得なプロモーションがある事があるので、少しでも興味がある内容なら、お出かけついでにのぞかれる事をお勧めします☆

 んで、館内。わりとこじんまりとまとめてあって、一つの建屋に水槽と軽食屋とおみやげ物やが入ってます。
 入るとすぐに、タッチングプールとかあります。なまこだのこいだのが水槽の上から触れます。
でもやっぱりメインの水槽は、サメの水槽かな。
サメやらエイやら、大物がいっぱい居ますwww
↓シミランでも見たレオパードシャーク↓
underwaterworldpattaya2009052408.jpg

↓アカエイ?の仲間と思われる↓
underwaterworldpattaya20090524003_20090525013735.jpg

マクロも充実。
↓ゴビー&シーホース↓
↓これもシミランにいたなー^-^↓
underwaterworldpattaya2009052404.jpg underwaterworldpattaya2009052405.jpg

はたと気付く。やっぱりアンダマン海&タイ湾の魚が多いww
パタヤ沖で捕獲したんじゃないか???^-^;;;

しばらく進むと、不思議なタッチングプールが。
???
underwaterworldpattaya2009052406.jpg
水槽の出口に高低差があるにもかかわらず、下の出口から水がこぼれません。
中で二層に分けてんじゃないの?とも思って手もつっこんでみましたが、
underwaterworldpattaya2009052407.jpg
魚も行き来してて、2層にもなってない。。。。。。┐(゚~゚)┌???
旦那と二人、首を傾げて考えてみるも、原理がわからず。 うんうんうなっていると、、、、横に説明書きがありました。
 水槽の上部を常に吸い込んでて、水圧を一定に保っている云々的な事が書いてありました。
(´・∀・`)ヘー
高そうな水槽だなーwww

 そうこうしているうちに、サメの水槽でFeeding Showが始まりました。
underwaterworldpattaya2009052410.jpg
 
 ってか、お姉さん、もみくちゃwwww^^;
 大丈夫か?!
underwaterworldpattaya2009052411.jpg

でも最後は、サメをつかまえて、客にシャッターチャンスをアピール♪
underwaterworldpattaya2009052409.jpg
 尚、このFeeding show、客が参加できるダイブツアーもありました。ちょっと怖いような^^;

******Feeding Show Time*******

・Otter(カワウソ) tank 09:30 11:00 14:30 17:00
・Touch Pool 13:00
・Coral reef tank 10:30 14:00
・Shark and Ray tank 10:00 11:30 15:00 16:30

*********************
 
 帰り際Shopも覗いてみました。
輸入商品はおいといて、MADE IN THANLAND 商品や、UNDERWATER WORLD ブランド商品は、意外とリーズナブル。でっかいぬいぐるみも200THBくらいからあります。

お土産に子供Tシャツ買いました。200THB~300THBくらい。
underwaterworldpattaya2009052412.jpg

なんとこのTシャツ。
亀さんが卵から出てきます♪
underwaterworldpattaya2009052413.jpg
 大人用もありました☆

自分みやげには、海の生物ハンコ。
underwaterworldpattaya2009052415.jpg

なかなかいいできですwww(・`ω・´)
underwaterworldpattaya2009052414.jpg


館内1周の所要時間はお買い物時間をいれても、2時間半くらい。
お弁当持っていきましたが、食べれるようなスペースはなかったです(´・ω・`)ショボーン
無理から軽食屋さんで食べるしかないかなwww^^;

タイ料理 ゲンソム屋台 メー・プラニー

 日本にいた頃には知らずに、こっちに来て初めて知ったタイ料理の中に、”ゲ-ンソム”があります。
”ゲーン”とは、タイ語で、”しゃぶしゃぶの液体のカレー”を意味し、”ソム”は”すっぱい”。
直訳すると、”すっぱいカレー”なんですが、おもいっきりスープっぽい料理です。
 すっぱい理由は、タマリンド。料理にタマリンド?!と思いますが、このタマリンドと唐辛子を煮込んで作ったスープは、すっぱ辛い、とても複雑なお味がするのです。

 強いて言うなら、生薬鍋のような胃に優しそうな味。←本当にいいかどうかはわからない^^;
あまり、日本人受けするお味ではないと思うのですが、さるまる夫婦はこのスープが大好き!!
二人で外食の時には、よくオーダーします。

 木曜タラートのおかず屋台でも売ってますが、ソイ7入り口にあるゲンソム屋台(シラチャマップ/タイ料理屋⑪)のゲーンソムが一番おいしいと思います。

↓↓ソイ7のゲンソム屋台↓↓
gensom2009052302.jpg

屋台と言うより、タイ料理レストランですね。「เเม่ ปราณี」=「メー・プラニー」=プラニー母さんのタイ料理レストランって感じでしょうか。
 

んで、さるまるセレクトの本日のお夕飯は、
↓↓トート・マン・プラー(魚のすり身揚げ)とゲーンソム・クン(エビのゲンソム)↓↓
gensom20090523.jpg

一品30THBデス。
大衆食堂的なこのレストラン。ありがちな「おかずのぶっかけご飯」的なランチもいただけます。
確かおかず1品が25THB、2品で30THBだったと思います。
お昼しか営業していないのでご購入は夕方までに。

ゲーンソムは、もともとなまず系の川魚を煮込んだ料理なので、ちょっと魚臭い料理なのですが、ここのゲーンソムは、魚ではなくお野菜とエビで作ってあるので、臭みがなく日本人でも食べやすい味になっていると思います。


日本食材 田中屋さん

 シラチャMAPを作成したはいいが、載せたお店を全部紹介できてない。。。( ̄▽ ̄;)>”
徐々にUPしていきます・・・^^:

 えと、納豆を買いに田中屋さん(シラチャマップ/日本料理・食材㉔)へ行きました。

tanaka20090522.jpg

食材屋さんと言うよりは、酒屋さん的なお店ですね。配達もしていただけるらしいです。

↓↓↓メニューもらってきました↓↓↓(別ウィンドウで開きます)
tanaka2009052202.jpg  tanaka2009052203.jpg  tanaka2009052205.jpg  tanaka2009052204.jpg

残念ながら、納豆は売り切れ!!また今度!!!

ラートナー@TOPSフードコート

パシフィックパーク(シラチャマップご参照)1階にあるフードコート。
 お昼ごはんの定番になりつつあります^^

本日のお昼ご飯は、ラートナー。タイ風あんかけ麺っす。
ratona20090521.jpg

 揚げ麺の上に、豚肉とお野菜のあんがかけてあり、揚げ麺は、小麦麺と米麺の2種類から選べます。
 サーブされた後に、ナンプラーとお酢で味を調節していただきます。
お勧めは、すっぱいくらいにお酢たっぷり♪酸辣湯(サンラータン)風になっておいしいです。

 
 おいしかったですが、難を言えば、”あん”を、もうちょっと熱くして欲しい。。。
暑いからなのか、タイでは、麺類を熱々で提供する事があまりない。
ちょっと熱い程度で、すぐに冷めてしまう。。。。。(´・ω・`) ショボーン
 麺類は、やっぱり、熱いのを「はふはふっ」言いながら食べたいなー。

タイ文字の時計

 タイのお土産物として売っている中で、「欲しいなぁ。」と、ずーーーーっと思っていたのが、文字盤がタイ文字で書かれた時計。
 タイでしか買えないレア物と思われる。。。。
バンコクでも、雑貨屋さん等でたまーに見かけるのですが、その時計の製造工場の隣に直売店があるという情報をキャッチ。
 同じアパートの行かれた奥様曰く、「種類が豊富にあって、お安く買えるよ~~ww」とのコト。

。。。。行ってみたくなったじゃないか。。。。

お店の名前はCamelot

Camelot SIAMTEWA CO.,LTD
12, Ladprao Rd. Soi 33 jatujak, Bangkok 10900 Thailand
tel:+66 (0)2 513-8882
fax:+66 (0)2 512-4219
http://www.woodenclocks-crafts.com/

↓パンフ↓
camelot2009051802.jpg

バンコクの北地域、チャトゥチャック市場がある辺り、地下鉄ラトプラオ駅近く。ラトプラオロード沿いにありました。

 ラドプラオロード ソイ33に入って、まっすぐどかどか行くと、奥の方に「SIAMTEWA CO., LTD」の看板があって、左手に見えます。

お店の中に入ると、タイ文字盤時計の他、ギリシャ文字盤時計がぎっしりと並んでマス。
お土産用の小さい時計だと、お値段250THBぐらい~ありました。

オーソドックスな掛時計や、猫だの象だの動物の形をした時計等など。
木の違いによって微妙に色合いが違ってて、同じデザインでも、どこかしら違ってたりします。
超迷う~~wwww

んで、我が家にやって来た時計は、、、、、、

じゃーん。操舵輪型wwww

camelot20090518.jpg

くねくねとしたタイ文字がアーティスティックでしょ♪

Club "Chill" 

最近、旦那様がよく行く飲み屋さんに、”Chill”とゆーのがあります。
1月くらい前に、だるま屋さん(シラチャマップ/日本料理・食材屋⑥)の隣にOPENしました。
「チリ」と読むのでしょーか?「チル」と読むのでしょーか?それともタイ語風に最後の「L」を「N」読みして「チン」と読むのでしょーか?
お店の名前の読み方はイマイチ良くわかりませんが、リーズナブルなお値段でアルコールを提供してくれます☆
chill20090512.jpg


ウィスキー(100piper)のボトルが350THBくらいでした。←店で買うのと同じくらいのお値段。
100piperはタイのウィスキーの中では、安くておいしいお酒です。
他のタイ産ウィスキーはちょっと。。。^^;
と、思っていたら、製造のシーグラム社は、元々はやっぱりアメリカの会社みたいね。納得。

1階にはステージがあり、バンドが演奏してます。
ありがちな騒がしいタイポップスのみでなく、洋楽のバンドもたまーーーに演奏してて良い雰囲気です☆

2階には、大きなスクリーンがあり、サッカー中継してマス。

思いっきり飲み屋風の店構えなのですが、メニューはめちゃめちゃレストランでした。
トムヤムとか、カオパットとか、、がっつりお夕飯がいただける感じです。

逆に、ナッツとかチーズとか簡単なつまみがない。。。。この店構えなのに。。。。^^;
こっそりコンビニでチェンマイソーセージを買って来たら、お店のおねぇさんが、そっとお皿を出してくれました。
持ち込みがやや黙認なのは、タイならではの嬉しいサービスですね~~~。
雰囲気&サービス◎ですww



あさみのバッテラww

韃靼そばが売りの「あさみ」(シラチャマップ日本料理・食材屋?)。
 海岸通りにある日本料理屋さんです。

ある日旦那様がゴルフ帰りに寄ってみたら、「バッテラがうまかったーーーーwww」とのコト。
むむっ私もおいしいバッテラたべたーーーい!!!!(`・ω´・)

思い続けて数日、チャンスはやってきました。
旦那様から「今日は飲み会で夕飯いらないよ。」のTEL有り。
さぁ、いざ「あさみ」へ!!
↓↓海岸通りの、スカパープ公園前にありマス。↓↓
asami20090511.jpg

そして。。。。
↓↓バッテラwwwwww↓↓
asami2009051102.jpg

おいしい訳がわかりました。
しめ鯖のお寿司(にぎり)はシラチャの他の日本料理屋さんでも見ますけど、「あさみ」のは昆布でしめてる関西風バッテラww
やっぱり昆布のグルタミン酸は旨味なのねーーwww
ヒカリモノ大好きです☆

カウンターの他に座敷もあるので、ファミリーでもOKです。

はんじょうが移転しました。

実は未だ行ったことないんですけどね。。。。「はんじょう」
お鍋の食べ放題のお店です。
すき焼き、塩ちゃんこ+αのお店だそうです。

塩ちゃんこ食べたーい\(o ̄▽ ̄o)/ wwww

前はBSC(アサンプション大学の隣を通り過ぎて行くゴルフ練習場)の前にありましたが、
移転後は、だるま屋(シラチャマップ日本料理・食材屋⑥)の前辺りになりました。

↓でっかい看板目印です♪↓
hanjo20090511.jpg

BSCの前にあった時は、車で行かなければならない距離だったので、二の足を踏んでいましたが、徒歩圏内にお引越しいただいて、ぐぐっと行き易くなりました☆

行くぞ!!!塩ちゃんこ!!!
ってあれ?すきやき&しゃぶしゃぶって。。。塩ちゃんこ無くなったのかな??????
そのうち行って真偽を確かめて来マス^^;


****************2009年6月20日追記*********
「はんじょう」行ってきました!!!
外には、書いてなかったですけど、中のメニューにはしっかり、塩ちゃんこの文字が!!

メニューは食べ放題の鍋メニュー
 ・すき焼き
 ・しゃぶしゃぶ
 ・塩ちゃんこ
 ・うどんすき 
と、サイドメニューがあります。

 えーーん、決められなーいwwwどっちも食べたーいwwwwと言う人は、
タレ代として一人+40THB程度で、もう一つの鍋も食べれます。

さるまるは、塩ちゃんことすき焼きを両方食べましたwww( ̄▽ ̄;)
すき焼きより、塩ちゃんこの方が好きなお味でしたwww


蛍ツアー(アンパワー水上マーケット)へいって来た♪

 バンコクからの定期観光でおなじみのパンダバス
そのパンダバスのツアーに、夕方バンコクを出て、船で下りながら蛍観賞を楽しむと言う、ホタルクルーズがあります。
 昔はリーズナブルなお値段だったらしいのですが、今は一人1500THBと、ちょっぴりお高いツアーとなってます。
 しかも、観光客にうんざりした地元の方が、ホタルの好きな木を切ってしまったりして、蛍の数も減ってきてしまっているそうです。
そこらへんの迷惑料もお値段に反映しているのかもしれません。

さてさて、その蛍鑑賞ツアー、バンコクから車で1時間半程のアンパワー(Amphawa)水上市場から出ているとのコト。
バンコクから一時間半なら、シラチャから3時間。
。。。車で行って行けないコトはないよね♪夜遅くなったら、近くで泊まればいいし♪

てなわけで、さらっと行ってきました(*^-^*)
シラチャからは、バンコクまで7号線で出て、バンコクを通り抜け、31&35号線で南下、3093号線へ右折(←左レーンに入って、ぐるっとまわりこんでの右折)で入り、325号、6006号で西行き、Wat Amphawa(アンパワー寺院)で車を止めます。

大きな地図で見る


 びみょーに迷ったりもしましたが、3時間程で無事到着。
わからなくなって道を聞く時は、Amphawaとหิ่งห้อย=ヒン・ホイ=蛍を連発して聞きます^^;

3連休初日とあって、混んでいたので、アンパワー寺院には止めれなかったのですが、近くの商店が駐車場として庭先を賃貸ししているので、止める場所はそこそこありました。
↓↓寺院近くは、路駐車でいっぱい!!!↓↓
↓↓パーキングは一回30THBくらいでした。←時間制限無し↓↓
amphawa2009050802.jpg
 
参考HP:
さくらぎちょうさんの、バンコク近郊こだわり情報+α
バンコク在住のリーマンさんらしいのですが、、、マニアック所を紹介いただいててかなり参考にしてマス☆
 ・ナイト水上マーケットとホタルのクリスマスツリー
 ・ナイト水上マーケット、線路の上のマーケット

 くだんの水上マーケットは、寺院近くまで行くと人が流れているのですぐにわかりました。
↓↓超☆人ごみっす!!!↓↓
amphawa20090508.jpg

 まずは、ツアーの船を探します。
上記、さくらぎちょうさんのHPによると一人60THBで乗り合い船に乗れるらしいのですが。。。。
市場内に入るとすぐに見つかりました☆
何社もあったのでどこから入ってもすぐに見つかると思います。

↓さるまるが乗った船の会社。橋のたもとにありました。やっぱり一人60THB↓
amphawa2009050810.jpg
旦那様と合わせて120THB払って、船の時間と乗り場を確認して、時間まで市場でぷらぷらします。
さるまるの予約した便は19時頃発でした。尚、パンダバスのツアーの様に夕ご飯はついてませんので、この時間にお夕飯を済ませときます。
 市場内は、屋台がいっぱいなのでなかなか買い食いが進みます☆

↓乗るお船はロングテイル船。こんなの↓
amphawa2009050803.jpg

↓乗り場の看板。↓
amphawa2009050804.jpg

夜19時。辺りはすっかり暗くなってから、乗り込みます。
乗り込むと、やっぱりお船も超満員。満員御礼です!!
amphawa2009050805.jpg

↓最初は市場内や、街中を通るので明るく、蛍も少ない・・・・(´・ω・`)↓
↓お寺がライトアップされて綺麗でし。↓
amphawa2009050806.jpg

しばらく行くと、ちらほらと蛍が!!!
ただし、すごーーーーーーーーーーく小さい光なので、写真には撮れず。残念。
日本の蛍より、もっともーーーーっと小さい光。肉眼でやっと見えるくらい。
それでも、蛍の好きな木の前まで行くと、クリスマスツリーの様に光るのが見えます。
イヤサレルナーwww(*´∀`*)
タイの蛍は季節関係なく、年中見れるらしいですwww
この日は、月が明るかったのでちょっと残念。闇夜の方が綺麗かもwww

船はぐるっと一回りして、約1時間程で戻ってきます。
尚、船内にトイレはないので、乗る前に市場のレストラン等ですませておきましょう。

お船おりたら、お土産購入タイム☆
市場には、多数のアンパワーグッズが売ってました。

手作りホタルストラップww
↓おしりに蛍光塗料が塗ってあって、ちゃんと光りますww↓
amphawa2009050808.jpg

↓シラチャではあまり見ない、タコの佃煮(左)とあさりの佃煮(右
↓タイ風味のちょっぴりピリカラです。酒のツマミにwww一袋30THB↓
amphawa2009050809.jpg

帰りには、メークロン駅の近くを通りました。
線路沿いに露店が並んで、電車が来た時だけすばやく撤収する市場が有名。タイの驚き市場として日本のTVでも紹介されていました。
夜だったから市場はもうなかったんだけどね。^^;
amphawa2009050807.jpg
でも、線路のすぐ隣がレストランwwwwめちゃあぶねーーーって思うけど、本数少ないからその時だけ注意すればいいらしい。いや、それでも。。。。。あぶないよねぇ^^;

お泊りは止めて、眠い目をこすりこすり、帰りもシラチャまで3時間の旅路へ。
市場周りに、ホテルや”HOME STAY”の看板を掲げる所も多々あったので、お泊り先も探せばあったかも。
 尚、お泊りで行かれたい方は、上記さくらぎちょうさんのHPにお勧めお宿情報がUPされていたのでご参考に☆

 あ、そうそう、シラチャからは高速代が往復で300THBくらいでした。

初ライチww

 だらだらとアパートのロビーでうだうだしていると、←どれだけだらだらするのかと。。。^^;
同じアパートの奥さんが、子供におやつにフルーツをあげてました。
おやつがフルーツって健康的でいいですね☆

 タイは、このぐらいの暑くなっていく時期から、どんどんフルーツがおいしい時期になります。
マンゴーやら、マンゴスチンやら、ランブータンやら。。。市場で並ぶ種類がどんどん増えていきマス。

 子供じゃないけど、さるまるも頂いてご相伴に預かりました。えへへ。^^

↓ライチ♪↓
reishi20090507.jpg

取れたては、超きれいなピンク色!日本のライチのように茶色くない!
ライチの本当の色をタイに来て初めて知った気がします。日本のライチは、冷蔵や冷凍で持って行くしかないので、その間に色褪せてしまうのね。。。。
新鮮なので、皮も薄皮がきれいにとれて、めちゃむきやすいですww←それでも、まぁ、めんどくさいですけど。←生来のものぐさなので、ご勘弁をww

日本では、お高い果物。
今のうちにたくさん食べとこう☆

☆そう言えば、今週末は母の日ですね☆
   


スキ・ヘン@TOPSスーパー・フードコート

 タイでもメジャーな外食、タイスキ。←タイ風すきやき。
 タイでは、チェーン店も多くあります☆日本にも進出したMKのタレが一番好きwww
 鍋料理がっつりなこのお食事、実は炒めただけのスキ・ヘン(汁なしのタイスキ)なるものがありました。

同じアパートの奥さんに、「パッタイがおいしいよ♪」と連れて行ってもらったTOPSスーパー(シラチャマップPacific Park内)ground floorのフードコート。
 パッタイを食べる気まんまんで出かけるも、目の前の方がオーダーされたスキ・ヘンを見て、
「汁なしのタイスキ?!なんじゃそら!!」 と、超くついて真似してオーダーww

↓↓スキ・ヘン・ガイ(鶏肉の汁なしスキヤキ)↓↓
sukihen20090507.jpg
 タイスキに入れる野菜やハルサメを炒めて、スキタレやナンプラーをかけていただきます☆
お野菜が多くて、食べ応えも味もOK! ハルサメが入っているものの量が少ないので、普通に野菜炒めとしておかずになりそうな一品です。
 たぶん何日かしたら、お持ち帰って、我が家の食卓に上る事でしょう(笑)

 40THBでした☆

ワットポー・マッサージスクールに行って来た⑥

 「マッサージを月イチ練習しに行こう」第二弾。今日も練習練習。
先生に注意されなくなったら、アドバンスコースも受けてみよう♪←今の所のささやかな目標ww

ちょっと朝早く着いたので、屋上の食堂で一休み。
今日も対岸のワット・アルンがきれいでした。

watpho20090504.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。