さるだらシラチャ便り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蛍ツアー(アンパワー水上マーケット)へいって来た♪

 バンコクからの定期観光でおなじみのパンダバス
そのパンダバスのツアーに、夕方バンコクを出て、船で下りながら蛍観賞を楽しむと言う、ホタルクルーズがあります。
 昔はリーズナブルなお値段だったらしいのですが、今は一人1500THBと、ちょっぴりお高いツアーとなってます。
 しかも、観光客にうんざりした地元の方が、ホタルの好きな木を切ってしまったりして、蛍の数も減ってきてしまっているそうです。
そこらへんの迷惑料もお値段に反映しているのかもしれません。

さてさて、その蛍鑑賞ツアー、バンコクから車で1時間半程のアンパワー(Amphawa)水上市場から出ているとのコト。
バンコクから一時間半なら、シラチャから3時間。
。。。車で行って行けないコトはないよね♪夜遅くなったら、近くで泊まればいいし♪

てなわけで、さらっと行ってきました(*^-^*)
シラチャからは、バンコクまで7号線で出て、バンコクを通り抜け、31&35号線で南下、3093号線へ右折(←左レーンに入って、ぐるっとまわりこんでの右折)で入り、325号、6006号で西行き、Wat Amphawa(アンパワー寺院)で車を止めます。

大きな地図で見る


 びみょーに迷ったりもしましたが、3時間程で無事到着。
わからなくなって道を聞く時は、Amphawaとหิ่งห้อย=ヒン・ホイ=蛍を連発して聞きます^^;

3連休初日とあって、混んでいたので、アンパワー寺院には止めれなかったのですが、近くの商店が駐車場として庭先を賃貸ししているので、止める場所はそこそこありました。
↓↓寺院近くは、路駐車でいっぱい!!!↓↓
↓↓パーキングは一回30THBくらいでした。←時間制限無し↓↓
amphawa2009050802.jpg
 
参考HP:
さくらぎちょうさんの、バンコク近郊こだわり情報+α
バンコク在住のリーマンさんらしいのですが、、、マニアック所を紹介いただいててかなり参考にしてマス☆
 ・ナイト水上マーケットとホタルのクリスマスツリー
 ・ナイト水上マーケット、線路の上のマーケット

 くだんの水上マーケットは、寺院近くまで行くと人が流れているのですぐにわかりました。
↓↓超☆人ごみっす!!!↓↓
amphawa20090508.jpg

 まずは、ツアーの船を探します。
上記、さくらぎちょうさんのHPによると一人60THBで乗り合い船に乗れるらしいのですが。。。。
市場内に入るとすぐに見つかりました☆
何社もあったのでどこから入ってもすぐに見つかると思います。

↓さるまるが乗った船の会社。橋のたもとにありました。やっぱり一人60THB↓
amphawa2009050810.jpg
旦那様と合わせて120THB払って、船の時間と乗り場を確認して、時間まで市場でぷらぷらします。
さるまるの予約した便は19時頃発でした。尚、パンダバスのツアーの様に夕ご飯はついてませんので、この時間にお夕飯を済ませときます。
 市場内は、屋台がいっぱいなのでなかなか買い食いが進みます☆

↓乗るお船はロングテイル船。こんなの↓
amphawa2009050803.jpg

↓乗り場の看板。↓
amphawa2009050804.jpg

夜19時。辺りはすっかり暗くなってから、乗り込みます。
乗り込むと、やっぱりお船も超満員。満員御礼です!!
amphawa2009050805.jpg

↓最初は市場内や、街中を通るので明るく、蛍も少ない・・・・(´・ω・`)↓
↓お寺がライトアップされて綺麗でし。↓
amphawa2009050806.jpg

しばらく行くと、ちらほらと蛍が!!!
ただし、すごーーーーーーーーーーく小さい光なので、写真には撮れず。残念。
日本の蛍より、もっともーーーーっと小さい光。肉眼でやっと見えるくらい。
それでも、蛍の好きな木の前まで行くと、クリスマスツリーの様に光るのが見えます。
イヤサレルナーwww(*´∀`*)
タイの蛍は季節関係なく、年中見れるらしいですwww
この日は、月が明るかったのでちょっと残念。闇夜の方が綺麗かもwww

船はぐるっと一回りして、約1時間程で戻ってきます。
尚、船内にトイレはないので、乗る前に市場のレストラン等ですませておきましょう。

お船おりたら、お土産購入タイム☆
市場には、多数のアンパワーグッズが売ってました。

手作りホタルストラップww
↓おしりに蛍光塗料が塗ってあって、ちゃんと光りますww↓
amphawa2009050808.jpg

↓シラチャではあまり見ない、タコの佃煮(左)とあさりの佃煮(右
↓タイ風味のちょっぴりピリカラです。酒のツマミにwww一袋30THB↓
amphawa2009050809.jpg

帰りには、メークロン駅の近くを通りました。
線路沿いに露店が並んで、電車が来た時だけすばやく撤収する市場が有名。タイの驚き市場として日本のTVでも紹介されていました。
夜だったから市場はもうなかったんだけどね。^^;
amphawa2009050807.jpg
でも、線路のすぐ隣がレストランwwwwめちゃあぶねーーーって思うけど、本数少ないからその時だけ注意すればいいらしい。いや、それでも。。。。。あぶないよねぇ^^;

お泊りは止めて、眠い目をこすりこすり、帰りもシラチャまで3時間の旅路へ。
市場周りに、ホテルや”HOME STAY”の看板を掲げる所も多々あったので、お泊り先も探せばあったかも。
 尚、お泊りで行かれたい方は、上記さくらぎちょうさんのHPにお勧めお宿情報がUPされていたのでご参考に☆

 あ、そうそう、シラチャからは高速代が往復で300THBくらいでした。

スポンサーサイト

初ライチww

 だらだらとアパートのロビーでうだうだしていると、←どれだけだらだらするのかと。。。^^;
同じアパートの奥さんが、子供におやつにフルーツをあげてました。
おやつがフルーツって健康的でいいですね☆

 タイは、このぐらいの暑くなっていく時期から、どんどんフルーツがおいしい時期になります。
マンゴーやら、マンゴスチンやら、ランブータンやら。。。市場で並ぶ種類がどんどん増えていきマス。

 子供じゃないけど、さるまるも頂いてご相伴に預かりました。えへへ。^^

↓ライチ♪↓
reishi20090507.jpg

取れたては、超きれいなピンク色!日本のライチのように茶色くない!
ライチの本当の色をタイに来て初めて知った気がします。日本のライチは、冷蔵や冷凍で持って行くしかないので、その間に色褪せてしまうのね。。。。
新鮮なので、皮も薄皮がきれいにとれて、めちゃむきやすいですww←それでも、まぁ、めんどくさいですけど。←生来のものぐさなので、ご勘弁をww

日本では、お高い果物。
今のうちにたくさん食べとこう☆

☆そう言えば、今週末は母の日ですね☆
   


スキ・ヘン@TOPSスーパー・フードコート

 タイでもメジャーな外食、タイスキ。←タイ風すきやき。
 タイでは、チェーン店も多くあります☆日本にも進出したMKのタレが一番好きwww
 鍋料理がっつりなこのお食事、実は炒めただけのスキ・ヘン(汁なしのタイスキ)なるものがありました。

同じアパートの奥さんに、「パッタイがおいしいよ♪」と連れて行ってもらったTOPSスーパー(シラチャマップPacific Park内)ground floorのフードコート。
 パッタイを食べる気まんまんで出かけるも、目の前の方がオーダーされたスキ・ヘンを見て、
「汁なしのタイスキ?!なんじゃそら!!」 と、超くついて真似してオーダーww

↓↓スキ・ヘン・ガイ(鶏肉の汁なしスキヤキ)↓↓
sukihen20090507.jpg
 タイスキに入れる野菜やハルサメを炒めて、スキタレやナンプラーをかけていただきます☆
お野菜が多くて、食べ応えも味もOK! ハルサメが入っているものの量が少ないので、普通に野菜炒めとしておかずになりそうな一品です。
 たぶん何日かしたら、お持ち帰って、我が家の食卓に上る事でしょう(笑)

 40THBでした☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。