さるだらシラチャ便り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイ料理 ゲンソム屋台 メー・プラニー

 日本にいた頃には知らずに、こっちに来て初めて知ったタイ料理の中に、”ゲ-ンソム”があります。
”ゲーン”とは、タイ語で、”しゃぶしゃぶの液体のカレー”を意味し、”ソム”は”すっぱい”。
直訳すると、”すっぱいカレー”なんですが、おもいっきりスープっぽい料理です。
 すっぱい理由は、タマリンド。料理にタマリンド?!と思いますが、このタマリンドと唐辛子を煮込んで作ったスープは、すっぱ辛い、とても複雑なお味がするのです。

 強いて言うなら、生薬鍋のような胃に優しそうな味。←本当にいいかどうかはわからない^^;
あまり、日本人受けするお味ではないと思うのですが、さるまる夫婦はこのスープが大好き!!
二人で外食の時には、よくオーダーします。

 木曜タラートのおかず屋台でも売ってますが、ソイ7入り口にあるゲンソム屋台(シラチャマップ/タイ料理屋⑪)のゲーンソムが一番おいしいと思います。

↓↓ソイ7のゲンソム屋台↓↓
gensom2009052302.jpg

屋台と言うより、タイ料理レストランですね。「เเม่ ปราณี」=「メー・プラニー」=プラニー母さんのタイ料理レストランって感じでしょうか。
 

んで、さるまるセレクトの本日のお夕飯は、
↓↓トート・マン・プラー(魚のすり身揚げ)とゲーンソム・クン(エビのゲンソム)↓↓
gensom20090523.jpg

一品30THBデス。
大衆食堂的なこのレストラン。ありがちな「おかずのぶっかけご飯」的なランチもいただけます。
確かおかず1品が25THB、2品で30THBだったと思います。
お昼しか営業していないのでご購入は夕方までに。

ゲーンソムは、もともとなまず系の川魚を煮込んだ料理なので、ちょっと魚臭い料理なのですが、ここのゲーンソムは、魚ではなくお野菜とエビで作ってあるので、臭みがなく日本人でも食べやすい味になっていると思います。


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。