さるだらシラチャ便り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ban Pinsuwan Benjarong ピンスワン工房

タイの陶磁器として名高いベンジャロン焼き。元々は王室御用達の高級磁器です。今でも国賓のお土産として贈られています。
ベンジャロンとは、「5色」の意だそうで、タイの伝統的な草花を5色で色付けされ、金で装飾が施されています。
 
 アジアンちっくと言えば、アジアンちっく。
 装飾が派手と言えば、派手な食器だと思います。→ベンジャロン写真

そんなベンジャロン焼きで有名な工房が、バンコク郊外にあるBan Pinsuwan Benjarong ピンスワン工房
駐在奥様が本帰国が近くなると、在タイの記念に買いに出かけられるそうな。。。
ちょっぴり検索してみると、出るわ出るわ、在タイ奥様の「ピンスワンでベンジャロン買っちゃった♪ブログ」(;^▽^)
 完全オーダーメイドで、製作には3ヶ月はかかるという超☆高級品。
さるまるも知り合いの奥様のお宅で、ベンジャロン焼きのカップでお茶を頂いた事がありますが、落とさないか手がぷるぷるしました。( ̄◇ ̄;)

通常は、バンコク郊外の工房までお出かけして購入orオーダーの必要があるらしいのですが、同じアパートの奥様の顔ききで、工房の方が、できあがったオーダー品をお届けついでに、サンプルを持ってきていただけると言うので、ちょっぴりお邪魔してきました。

 写真が撮れる雰囲気ではなかったので、写真でお見せできないのが残念ですが、装飾が派手なベンジャロンの中でも、落ち着いたシックな色合いの磁器。且つ、金装飾がないお皿やコップもありました。
 さすが、有名な工房wwwセンスばっちぐーwwww←お前が言うなって感じですが。。

 オーダーなので、文様のリクエストや、文字入れも可能。
色あいが気に入らない場合は、色も指定して変えていただけるらしいです。
 お値段、小皿が1000THBぐらいから。
流石、王室御用達ww値段もパネェ。ΣΣ(゚д゚lll)
でも、日本の通販と比べると半額以下!!確かに買うなら在タイの今しかない!!
・・・・・・かな??

 工房是非覗いてみたいわ♪って方は、下記ご参照。ミュージアムもあるみたいデス。
以前ホタルツアーで行った、アンパワー水上マーケットの近くみたいですね。

Ban Pinsuwan Benjarong
Address: 32/1 Moo.7 Bangchang,Ampawa District
Phone: 034-751322
Directions: Near Wat Payayart.
Other Contact: fax-034-745278



大きな地図で見る

スポンサーサイト

JIM THOMPSON SALE 2009

来週末、バンコクで、タイ土産の定番・タイシルクのジムトンプソンのSaleがあるみたいです。

jt_sale.gif

JIM THOMPSON SALE 2009
JUNE 5-7, 2009
Hall 106
10.00-17.00 hrs


Sales of Thai Silk Products,
Cotton Fabrics and Accessories
At the Bangkok International Trade & Exhibition Centre (BITEC)
Bangna, Bangkok.

Contact information:
Jim Thompson:
Tel: (0) 2632 8100, 2762 2600
BITEC
Tel: +(66 2) 749 3939
Web site: www.bitec.net

Jim tompson web:http://www.jimthompson.com/index.asp

 OL時代の先輩にいただいた結婚祝いが、ここのランチョンマットのセットでした。
便利で丈夫で、大変重宝していますwww
 タイではメジャーなお店なので、アウトレットを取り扱っている店舗もいっぱいあるのですが、駐妻仲間曰く、このイベントセールが一番お得に購入できるとの事。
 行ってみようかな♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。