さるだらシラチャ便り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旦那が臨時便に乗ってきた

シラチャ情報発信の予定でしたが、思わぬ事件で、
帰国が気になる私としては、NEWSばかりを書いてしまいました。
もう少しだけお付き合いを。。。

空港解放に伴い、次々とエアラインが通常運行に移行する中、
私の予約便は残念ながらフライトキャンセルで、帰国を断念しましたが、
旦那が予約していたJAL便は振り替える事ができました。

本来は、本日23時スワンナプーム発・関空着便でしたが、JALの通常運行は5日から、
予約便はそれよりわずか数分前。。。。
運が悪かったと、旦那もほぼあきらめておりましたが、
夕方JALより電話があり、最後の臨時便(成田行き)に空きができたとの事。
通常運行のメドがたった事で、不便な臨時便から考え直した方がいらっしゃったのかもしれません。

ウタパオ空港は我が家から車で30分程、残念ながら、バンコク市内の臨時チェックインカウンターで、チェックインの必要があり、一度はバンコク市内まで行って、ウタパオまで戻らねばなりませんでした。

それでも、旦那はあきらめていた友人の結婚式に間に合うよう、日本へ帰れる事ができるようになって、喜んで、その便に振り替えていただきました。
ちなみに、ウタパオ→成田→羽田に自力で移動 羽田→関空と言う旅程をたどるようです。


臨時チェックインカウンターは、バンコク市内ラチャダムリー通りにある、JALのオフィスがあるビルの1階部分にありました。
駐車場の隣に、机を並べて臨時のチェックインカウンターが設けられています。
  ↓チェックインカウンターの様子↓
checkin counter

チェックインは、印刷したリストとの照合で行われ、旦那の名前は、ウタパオ→成田までしかありませんでしたが、その場で電話確認いただき、事なきを得ました。
  ↓搭乗券↓ も手書き。
ticket_20081204173853.jpg

チェックインを済ました後、同じビルにあった日本亭で夕飯を済ませて、だんなをツアーバスまで見送りました。

臨時便は、機内の資材が不十分であり、機内食も期待できないとの事。(そりゃ積み込めないよね)
近くにコンビニもないので、ビルのロビーでは、日本亭さんが、おにぎりやおいなりさん、簡単なお弁当を販売しておられました。でもオール日本食。欧米人の客はこれなあに?って感じでしたね。
*そう聞いていたので、旦那におにぎりを持たせようと作ってたけど、行きの車の中で食べちゃた^-^;>”

旦那は、その後、ツアーバスに乗って、ウタパオまで。
途中、ガソリンスタンドでトイレ休憩もあったらしいです。

ウタパオまで着くと、しばらくバス内で待機した後、イミグレーションに案内されたようです。
臨時便のイミグレーションは4時間並んだ云々のブログを多くみていたので、心配していましたが、
イミグレーションは5分10分ですんなり済んだとの事。臨時便も初日は混乱が多かったようですが、
係員の方も慣れられたのか、昨晩はそれほど問題もなくスムーズであったようです。
空港内には、臨時の免税品店(仮設テントだって)があって、少し買い物もできたらしいですww
普段の搭乗と違うので、旦那もちょと興奮ぎみ。実況中継の電話が度々ありました。
「今、ガススタでトイレ休憩、お土産買えなかったからなんか探す。」とか。
「今隣のバスに、スッチー(客室乗務員ね)タコ詰めww。」とか(笑)

今朝方、無事、成田に着いたみたいです。

今回、私も旦那も、なんとか帰れないものかと、航空会社に電話したり、旅行代理店に電話したり、、、どなたも、めちゃめちゃ忙しい中、丁寧な対応をいただきました。
伝わらないけど、言っときます。ありがとうございました。^▽^
でも、サービス業って本当大変。。。。。。




スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。