さるだらシラチャ便り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワットポー・マッサージスクールに行って来た①

 タイに来てからやってみたかった習い事No.1のタイマッサージ。
近くのチャイディー(シラチャマップ/レストラン・カフェ・他⑪)さんでも習えるのですが、
やっぱり習うなら本場ワットポーで!!!・・・・と考えてました。

 でも、バンコクのワットポーまでは遠いし、シラチャから通うのも、バンコク内でホテルを取るのも大変だなぁと、二の足を踏んでました。

 が!!! 今年、やっと決心して行って来ました♪

まずは、通うスクールの比較検討から。

 ワットポーマッサージスクールは、本校(ワットポー近く)とスクンビット校の2つあります。
それぞれの学校で習う事は同じなのですが、立地条件や費用の点で大きく異なってきます。
 まずは、2つを比較検討してみます。


★ワットポーマッサージスクール本校
  言わずと知れた?!タイ古式マッサージの総本山ワットポーに隣接したマッサージスクール。

公式HP:
http://www.watpomassage.com/2008

授業料及び授業時間:
Basic-------8,500THB/5days(30h)
Foot--------6,500THB/5days(30h)
Advanced---12,000THB/10days(60h)
Oil&Aroma---6,500THB/5days(30h)
Baby--------5,000THB/4days(21h)

案内資料:別ウィンドウで開きます。
  ↓↓オモテ↓↓     ↓↓ウラ↓↓    ↓↓料金表&日程表↓↓
original-omote.jpg    original-ura.jpg    price list

立地条件:
悪し。バンコクの西の端。
でもバックパッカー聖地、カオサン通りからは近い。

授業日程:
基本連続で通う必要あり。←後ほど記載しますが、交渉すれば分けて通えました。

授業日:
事前予約不要。開始日の朝9時までに申し込む。

利点:
卒業後も練習に行ける。
 

★ワットポーマッサージスクール スクンビット校
ワットポーマッサージスクールの分校。外国人向けに1998年に設立され、授業はタイ語・英語・日本語で行われる。通う日本人が多く、講師はほとんどの方が日本語ペラペラらしいです。

公式HP:
http://www.watpo-school.com/

授業料及び授業時間:
Basic-------13,800THB/30h
Foot-------9,900THB/30h
Advanced---18,500THB/60h
Baby--------8,500THB/21h
ルーシーダットン---3,500THB/4h

案内資料:別ウィンドウで開きます。
  ↓↓1枚目↓↓    ↓↓2枚目↓↓    ↓↓3枚目↓↓
  sukhumvit-1.jpg     sukhumvit-2.jpg      sukhumvit-3.jpg


立地条件:
良。バンコクの中心プロンポン駅から徒歩5分。
近くにエンポリアムデパートや、お店が多数並ぶ繁華街に有り。

授業日程:
隔週や、午前のみ、午後のみ等アレンジ自由。
ただしコース毎に終了させなければならない期間が設けられている。
その期間は2年内とか、かなり長い期間なので、普通にまじめに、
受講していれば、終わる程度の期間となっている。

授業日:
前日の13時までに要予約。
     
利点:
基本・上級・フットコースは、テキストの他に、施工方法を収めたVCDがもらえる。
↑日本に帰った後、手順を忘れちゃった場合の為らしい。
日本語で授業が受けれる。


2つの学校を比べてみると、まずその価格の違いに驚きます。
通うつもりの基本コースのお値段は、スクンビット校は本校の約1.5倍!! 5,300THB(=約\15,000)も差があります!!
 でも通うとなると、本校は、ワットポー近くまでBTSが届いていないので、シラチャからだと、高速バス→BTS→バスor水上バスorタクシーと、乗り換えが多く、通うのは大変だなぁと思ってみたり。それが毎日となると。。。。ケツカッチンになっては元も子もありません。
 おそらく、スクンビット校の方が、自分の都合に合わせて通う日程を変えれるので、通いやすいでしょう。
 *在タイの私には、あまり利点ではないですが、スクンビット校は夕方(16:00-19:00)も授業を受けられ、一日最大9時間受けれます。
 日本から来ていて、どうしても本校で習うほどの期間が取れない方が受講されるらしいです。
また、日本語で授業を受けれる事や、高速バスからBTSのみ乗り換えのみで通えるのも魅力です。

 しかし!貧乏性の私にとっては、どうがんばっても、それが1.5倍の値段の差には勝てず、、、且つ、ワットポー本校の窓口で問い合わせた所、「5日間連続でなくとも、3日&2日と分けて通っても良い」との確認がとれた為、結局ワットポー本校に通う事にしました。


スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。