さるだらシラチャ便り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワットポー・マッサージスクールに行って来た③

 受講開始。

1日目。受付の時に、教科書3種を受け取ります。
↓左:テキスト(英・和・中・韓語で書かれてます↓
↓中:基本コースの施行方法を写真入りで説明した小冊子(英文)。授業はこれに従います。↓
↓右:古式マッサージの基本ラインを紹介した小冊子。黄色の冊子は日本語でした。↓
text book

同じく、当日朝受け取る参加賞?
↓ノート、かばん、ペン。なんと身一つで来ても受講できるセットとなっております。(笑)↓
notebook and bag


尚、これらのテキストや、ノートは一階のSHOPで取り扱ってましたので、
授業を通うのは大変だけど、テキスト買って自分でやってみようかな♪って方はテキストだけ購入できます。
絵だけでは、ちょっと理解しにくいですけどね。。。。やっぱり習いに行かないと!!


1日目の午前中は、まず2Fの教室で、ガイダンスを受けます。
自己紹介から始まり、タイ古式マッサージの基本のラインや、押してはいけないツボ等を習います。
授業は、終始英語で進められました。先生は皆さん英語が堪能。2ヶ国語が話せる方、本当、尊敬します。

途中、10:30頃に一度休憩をはさみ、3階の教室に移動して、いよいよ練習開始。
2日目からはずっと3階の教室で、受講しました。

直接、足に押すつぼの位置を書いてもらいました。油性ペンで。^-^;
↓↓お目汚し失礼!↓↓
asi.jpg

その通り押して行くので、印が消えてない1日目は大変わかりやすかったです。

基本コースは、5つのパートに別れており、

パート①:仰向け
パート②:横向け
パート③:うつ伏せ
パート④:仰向け
パート⑤:座位     となっており、

授業は、
1日目:午前、ガイダンス   午後、パート①
2日目:午前、パート①復習  午後、パート②③
3日目:午前、パート①②③復習 午後、パート④⑤
4日目:午前&午後 パート①②③④⑤復習
5日目:午前パート①②③④⑤復習 午後、テスト

と言う運びとなっております。
5日目のテストまでに、それぞれの順番や、手足の運び方を覚えるだけで大変です!

先生は、皆さん、カタコトの英語&日本語で教えて下さいます。
会話まではできないけど、事マッサージ用語に関しては、皆さん流石プロフェッショナル!

「肩甲骨、まわり、押す」とか。
「お尻、上げて!」とか。
↑すぐに座って施行しようとするので、しょっちゅう言われてしまった。。。^-^;


5日目。なんとか卒業証書GETしました!!!
テストは、実技と、押してはいけないツボや、施行前に客に確認する事などを口頭で聞かれます。
押してはいけないツボは日本語で答えてOKでした。

↓青いホルダーに入れて頂戴しました。↓
holder.jpg certification.jpg


スクンビット校では、ラミネート加工(1枚60THB)もしていただけるそうです。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。